前川氏が安倍首相に「逃げきれるなら民主主義疑う」

▼記事によると…

・加計学園の獣医学部新設問題を巡って「総理の意向があった」と記された文書の存在を証言した前文部科学事務次官の前川喜平氏が、ラジオ文化放送の「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNews CLUB」に生出演した

・「一連の問題の責任を取るべき人は誰か」という淳からの直球質問に「私は安倍総理だと思います。ご自身が指示したかどうかはともかく、責任ある組織が動いた。国家戦略特区の中で加計学園を認めたわけで、ゴーサインを出したのは安倍総理。不公正で不透明なプロセスを経て特例を認めた責任は安倍総理にあると思います」と話した。

・前川氏は「安倍総理は逃げ続けるしか手がない。部下たちに『知りません。記憶がありません』と言わせて、ひたすら逃げ続けるしかないでしょう」とも話し、淳から「(安倍自民は)選挙でも勝った。逃げ切れると思うか」と問われると「これが逃げ切れるなら私は日本の民主主義を疑う」と踏み込んだ。

12/16(土) (全文はソース)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00079045-nksports-soci

前川喜平


前川 喜平(まえかわ きへい、1955年1月13日 - )は、日本の文部官僚。 文部科学省大臣官房総括審議官、文部科学省官房長、文部科学省初等中等教育局局長、文部科学省文部科学審議官、文部科学省事務次官などを歴任。
生年月日: 1955年1月13日 (62歳)
前川喜平 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・べつに不公正でもないし不透明でもなかったと京都産業大学が証言している

・「ご自身が指示されたかはともかく…」←はっ?そこが問題ちゃうん?

・この人だけ呼んでも、一方的な主張しか聞けないじゃないwww

・天下りの斡旋責任者で売春クラブともいわれるバーに週何度も通い女性に小遣いを渡していた文科省事務次官が退職金5600万を貰い逃げのびたなら日本の法を疑う

・貴方は正義ではないと思う‼️ 人の事は言えない

・自分の過去を棚に上げ、退職金も貰って、どの立場から何を言っているのだろうこの人は。

・信用しても大丈夫なのかなこの人。

・今、民主主義じゃないよ。もう。 クローン7人組が裁判官だから何をどうやってもアベや友達は有罪にならない。 アベ主義になったんです。 法律があっても、マスコミがとろけたら、こんなふうにできるんだね。

・前川氏が逃げ切れる事が理不尽を感じるけどね(笑)

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事