Share News Japan

中国周辺諸国の「一帯一路」プロジェクトが次々中止 → パキスタン「中国の条件を受け入れれば、我が国の国益を著しく損なうことになる」

中国周辺諸国の「一帯一路」プロジェクトが次々中止 → パキスタン「中国の条件を受け入れれば、我が国の国益を著しく損なうことになる」

中国周辺諸国の「一帯一路」プロジェクトが次々中止

▼記事によると…

・中国の習近平国家主席の肝いりで始まったユーラシア大陸全土や南シナ海、インド洋からアフリカ沿岸までを結ぶ巨大経済圏構想「一帯一路」プロジェクトで、パキスタンやネパール、ミャンマーといった親中国家で進められていたダムや道路などの大型建設計画が次々と工事中止に追い込まれていることが明らかになった。

その総額は分かっているだけで760億ドル(9兆2800億円)にも達している。米国の海外向け放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が伝えた。

パキスタンの水利電力省はインダス川上流のディアマーバシャダム建設計画で、中国が申し出ていた140億ドルの資金援助を断ることを決定したと発表した。

この理由について、同省は「ディアマーバシャダム建設の資金援助と引き換えに、既存のダムを担保として、ディアマーバシャダムの所有権や運営、維持管理などの諸々の権利を中国に譲渡するとの融資条件が出されたためだ。この条件を受け入れれば、我が国の国益を著しく損なうことになる」とコメントしている。

2017.12.16(全文はソース)
http://www.news-postseven.com/archives/20171216_636220.html




習近平 プロフィール


習 近平は、中華人民共和国の政治家。中国共産党の第4世代の最高指導者であった胡錦濤の後任として、2012年より第5代中国共産党中央委員会総書記、第6代中国共産党中央軍事委員会主席、2013年より第7代中華人民共和国主席、第4代中華人民共和国…
生年月日: 1953年6月15日 (64歳)
習近平- Wikipedia

▼一帯一路

一帯一路(いったいいちろ)とは、2014年11月に中華人民共和国で開催されたアジア太平洋経済協力首脳会議で、習近平総書記が提唱した経済圏構想である。
一帯一路 – Wikipedia

▼twitterの反応




▼ネット上のコメント

・完全に現代の植民地化計画…目が覚めたようで何よりですね。

・考え方が一方通行な場合のほとんどは行き詰まる。

・中華思想を国是としている中国が他国の発展の為に身を切るわけがない。

・乗っ取り前提の高利貸しだもの。中国中心の経済圏なんてとても乗れる代物じゃない。

・大陸が援助を只でくれることは無いです。普通の頭があれば高くつく事は理解できるでしょうね。

・「一帯一路」プロジェクトの目的がバレてきた証拠ですね。

・中国による乗っ取りだからな

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top