Share News Japan

NHKの受信料制度は合憲だと最高裁が初判断!→ しかしよく読むと…主文で「上告を棄却」!つまり…

NHKの受信料制度は合憲だと最高裁が初判断!→ しかしよく読むと…主文で「上告を棄却」!つまり…

<NHK受信料>制度は「合憲」 最高裁が初判断

▼記事によると…

・NHKの受信料制度が憲法が保障する「契約の自由」に反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、制度を「合憲」とする初判断を示した。

国民が公平に財源を負担してNHKを支える制度の合理性を司法が認めた形となる。今後の公共放送のあり方を巡る議論や、約900万世帯に上る未契約者からの受信料徴収にも影響を与えそうだ。

今回の裁判は2006年にテレビを設置した後、「偏った放送内容に不満がある」と受信契約を拒んでいた東京都内の60代男性を相手取り、NHKが契約締結や未払い分の支払いを求めて11年に提訴。

NHKはこれまで未契約者に対する同種訴訟を約300件起こしているが、最高裁が判決を出すのは今回が初めて。

12/6(水) 15:10配信(全文はソース)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000058-mai-soci




ニュースではどこもNHK大勝利!というような論調だが実は・・・

NHK受信料について最高裁のホームページで判決が読めます。

なんと主文で「上告を棄却」と明確にあります。
NHK側から契約申し込んだ時点で契約成立!という主張が認められないことを指しています

あれ、NHK負けてるじゃん…

各ニュースでNHK勝訴みたいな雰囲気出していることに情報操作を感じる。

つまり・・・

⬇︎
皆さん落ち着いて。

『制度は合憲』
『受信料徴収は裁判が必要!』
  ↑
ここが重要!

NHK受信料の最高裁判決は、「裁判で契約の承諾を命じる判決が確定すれば成立する」

「契約を申し込んだ時点で自動的に成立する」とのNHK側の主張は退けた。

今後も個別に裁判を起こさなければならない。

▼twitterの反応




▼ネット上のコメント

・ええ?ニュースではNHKの主張が合憲となって、判決を言い渡したとなってましたが!?

・合憲は合憲です。 ただ、契約成立時期についてNHKの「契約を申し込んだ時点で成立」という主張は認められなかったということです。 これがあまり表立ってなく、全面的に勝訴な雰囲気が目立つのは作為的だなぁと思った次第です。

・今日NHK来ましたけど テレビ壊れたって定番の奴言ったら 確認させてもらってもいいですか? って言われましたけど だが断る‼︎ 強めに発言 これでおけ

・以前女性の部屋へ押し入って、リモコン確認してその場でクレジット契約させたって話を見たことがありますが、NHKがやってること(押し入り)アル意味不法侵入ですよね・・・

・やられたことありまぁ〜すw

SNSフォロー お願いします


☑️は『いいね!』済み

アンケート(ランダム)&結果を見る


おすすめの関連記事

Return Top