立憲・枝野代表 改憲発議は「国会の全会一致で」

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野代表は憲法改正について、発議をする場合は国会が全会一致で賛成するような状況が必要だという考えを示しました。

・立憲民主党・枝野代表:「もし(憲法改正の)発議をどうしてもするならば、あえて言えば国会で全会一致になるぐらいの努力をしっかりと、少なくとも(憲法改正を)やりたいという人は進めるべきである。その姿勢がない安倍政権は無責任だと私は思います」

12/4(月) (全文はソース)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171204-00000002-ann-pol

枝野代表のツイート

枝野幸男 プロフィール


枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党代表。衆議院議員。 立憲民主党代表就任前の要職としては、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長、民進党代表代行、民進党憲法調査会長。
生年月日: 1964年5月31日 (53歳)
枝野幸男 - Wikipedia

▼動画がこちら

▼枝野代表ツイートの反応

▼ネット上のコメント

・憲法よめw 屁理屈も大概にしろ

・自分達の都合のいいような主張ばっかしてんね。

・こんな●呆どもは放っておいて、さっさと憲法改正しろ

・じゃあ立憲が「国会が全会一致で賛成する発議案」とやらを提案してみろよ

コメント元http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1512321200/

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

☑️は『いいね!』済みです。
取り消しにご注意ください

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事