2割の医療機関で訪日外国人患者の医療費未払い、回収は困難

▼記事によると…

・医療現場では外国人患者をめぐるトラブルが起きている。最近目立つのが、旅行中にケガや病気で病院を受診した観光客による医療費の“踏み倒し”だ。

・観光目的で来日し心臓病を発症した中国人男性(当時72歳)に対し、緊急手術を実施。男性はその後死亡し、同行していた妻に手術代などの治療費を請求することになったが、ほぼ全額の660万円が未払いのまま踏み倒されてしまった。

・訪日旅行中に病院を受診した中国人患者の中には会計時に「もっと安くして」と値切る者が珍しくなく、「金儲けのために本来は必要ない検査をして治療費を釣り上げたのだろう!」と窓口で声を荒げ支払いを拒むケースすらあるという。

・医療費をめぐるトラブルは日本を訪れる外国人観光客の3割近くを占める中国人のケースが目立つが、他の国からの旅行者のケースも報告されている。

・約2割の医療機関が訪日外国人患者の医療費未払いを経験している。こうして踏み倒された医療費の回収は困難を極め、ほとんど泣き寝入りするしかないのが実情だ。通訳を呼んで国際電話で催促しても効果は薄く、母国に“逃亡”されるとお手上げに近い。

12/3(日) 7:00配信(全文はソース)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171203-00000005-pseven-soci

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本の統治はどうなっているの?

・何故ここまで、外国人の好き放題にさせるのでしょうか?土地も、社会保障も日本人のためのものです❗血税を外国人に垂れ流すのは日本だけです❗政府はあまりにも無責任ではないでしょうか?至急の対策をお願いします❗

・良識のある国会議員にお願いします!早く外国人による日本の社会保険悪用ができない制度に改めてください‼︎

・日本人のための社会保障です。在日などはよく「私たちも税金払ってるから社会保障を」って言うけど税金払うのは当たり前ですから。あなた達が毎日通ってる道も税金で出来てますからね。日本の制度をうまく悪用する輩は厳しく取り締まるべき。

・本当に日本人はお人好し。多くの隣国人とその支援者が、公務員や議員になり。その人達が、日本のお金を掠め取る仕組みを作っている。日本侵略の為の静かなテロの一環だろう。

・地元市役所健康保険窓口は、外国人でにぎわっています

・最近は高齢の留学生がきて、治療を受けて帰る事例も増えてきているようです…。一体誰のための保険制度なのか…

・外国人観光客は前払い方式もしくはちゃんと保険に入っているか確認しないと診療しないルールにしましょう!

・日本の「落とし穴🕳️」を知ってるからこそ、やって来る❗日本人は医療費が心配で我慢する‼️💢💢優しい国だな日本は‼️👎👎😠😠

・国家はまず国民のためにあることを今一度自覚すべき時!お人好しのままだと本当に日本が滅びる!

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事