Share News Japan

日本が開発した高級ぶどう「シャインマスカット」中国で栽培される…農研機構理事「今後対策を講じたい」

日本が開発した高級ぶどう「シャインマスカット」中国で栽培される…農研機構理事「今後対策を講じたい」

農研機構のぶどう 中国で栽培

▼記事によると…

・茨城県つくば市にある農業の研究機関「農研機構」が開発したぶどうが、中国で栽培されていることが機構の調査でわかりました。
機構では、開発者の許可が必要な品種登録を海外でも進めることで、許可を得ない栽培の拡大を防ぎたい考えです。

・機構によりますと、去年7月、このぶどうが中国で栽培されているという情報が寄せられ、現地調査を行ったところ、葉の形などからこの品種であると確認しました。
さらに詳しく調べた結果、平成19年から5年間で、少なくとも8つのルートで、この品種の苗などが中国に持ち出され、中国の24の地域で栽培されているということです。

・中国では登録しておらず、今後、開発した品種の海外での品種登録を進め、許可を得ない栽培の拡大を防ぎたい考えです。

・農研機構の塩谷和正理事は「長い年月をかけて開発した品種が中国で作られているのは残念だ。今後、海外に苗が持ち出され利用されたとしても差し止めできるよう対策を講じたい」と話しています。

12月01日
http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20171201/1070000960.html



農業・食品産業技術総合研究機構

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(のうぎょう・しょくひんさんぎょうぎじゅつけんきゅうきこう、National Agriculture and Food Research Organization、 NARO)は、茨城県つくば市観音台三丁目に本部を置く農林水産省所管の国立研究開発法人。略称農研機構。本部と13の内部研究所や研究センター、生物系特定産業技術研究支援センターからなる。
農業・食品産業技術総合研究機構 – Wikipedia

▼twitterの反応



▼ネット上のコメント

・泥棒が悪いのは判り切ってるが、色々とパクられすぎだろw

・種で持って帰って組織培養でもすればいいんだから防ぎようがないよw

・普通は、一度栽培した実の種を使っても同じものはできない。第二世代になるから。第一世代の種は厳重に保管してあって簡単には持ち出せない。それを盗まれた。

・苗木を持ち出したんじゃないのか、それならニュースだな。でも盗まれた事に変わりはないけど窃盗というより管理杜撰で横流しだろうね

・韓国の苺パクられにつづいて、次は中国のぶどうか・・・
関連:イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算

・盗人どもに囲まれてまあ、しんどいわこの国…

・パクる方は楽でいいよな開発にどれだけの人手と時間と金がかかったと思ってるんだよ

・そのために農業研修にきてるんやでw

・アメリカさんはトウモロコシの種をしっかり守ってるのに、なんで島国の日本で盗まれるんだよ、、、

・権利や技術に関しては中韓は完全な敵だってなぜ思わないのか

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top