政府が反省しろ

森友学園の設置趣意書の黒塗り部分が「安倍晋三記念小学院」の可能性があると国会で追及した当時の民進党・福島伸享の言い訳

「政府は当時の国会対応や情報開示の仕方について大いに反省すべき」

▼Mi2さんのツイート

福島伸享 プロフィール


福島 伸享は、日本の政治家、通産・経産官僚。希望の党所属の元衆議院議員、学習院女子大学大学院非常勤講師、筑波大学客員教授、株式会社NFオフィス代表取締役。 妻は気象予報士の藤井南美。
生年月日: 1970年8月8日 (47歳)
福島伸享 - Wikipedia

▼動画がこちら

▼関連動画

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・「盗人猛々しい」の比喩はこの福島氏のためにあるような言葉ですね。

・野党は間違った質問と批判をしたのだから、総理に謝罪すべきだろ!

・まんまヤ●ザの責任逃れの言い訳と開き直り

・反省どころか、言い訳が酷すぎる!

・絶対に謝らない。それが民進党。

・黒塗りで分からないのをいいことに、それを利用して、「安倍晋三記念小学院と記載」とのデマを籠池本人、マスコミ、野党も拡散し、安倍総理の攻撃材料とした。字数的に入らないことは気づいていても、それを聞かされる国民には分からないだろうと甘く見ての行動だ。

・信じて乗っかってる相手は残念なことに単なる詐欺師なんですぜ。

・落選したくせに反省してないとかもう病気だろww

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事