Share News Japan

【twitterで話題】記者「憲法改正するに当たって、韓国や他国からの反感が考えられますが?」→ 安倍総理「いいですか?これは、日本の憲法ですよ!…」

【twitterで話題】記者「憲法改正するに当たって、韓国や他国からの反感が考えられますが?」→ 安倍総理「いいですか?これは、日本の憲法ですよ!…」

ツイッターユーザーのakira@安倍総理支持 (@a111japan) さんがツイートした、過去の安倍総理と記者とのやりとりの内容が話題になっています。

▼akira@安倍総理支持さんのツイートがこちら




安倍晋三


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第96・97代内閣総理大臣、第25代自由民主党総裁。 内閣官房副長官、内閣官房長官、内閣総理大臣、自由民主党幹事長、自由民主党総裁を歴任。 成蹊大学を卒業後に米国留学、その後に神戸製鋼所社員、外務大臣秘書官を経て衆議院議員となる。
安倍 晋三 – Wikipedia

▼twitterの反応




▼ネット上のコメント

・この記者は主権を理解できていないのか?内政干渉に当たると理解できない人を記者にしているとはどこの新聞社テレビ局?無能な連中が偉そうに社説などを書くから間違った報道をする事になるんだろうね

・日本の政策に対し、第一に韓国のことを考える新聞記者と偽った工作員。もう隠す気もないのかもしれないけど、時間の無駄だから祖国でやって。

・どこの国でも当たり前な事が反日記者の標的になる、異常な異常な日本。

・何処へ行っても、こんなこと聞く馬鹿記者はいませんよ。この馬鹿記者は朝日ですか?毎日ですか?東京ですか?

・この記者は、韓国や中国の顔色見ろと言っている。当たり前だけど、安倍総理は ハッキリ言うので頼もしい。今まで、韓国に遠慮して、誤魔化す首相いた。

・やっと正論が言える政治家が出てきた! 嬉しい。

アンケート(ランダム)&結果を見る


おすすめの関連記事

Return Top