大谷昭宏 「国会議員が民主国家の最大の柱である朝日新聞に『死ね』と言うのは、浅はかに尽きる」

足立議員、ツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿

▼記事によると…

・日本維新の会の足立康史衆院議員(52)が学校法人「加計学園」を巡る朝日新聞の社説を巡り、自身のツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿していたことが分かった。足立氏は異議申し立ての趣旨だったと釈明したが、発言を疑問視する声も上がっている。

・ジャーナリストの大谷昭宏さんは「保育園に落ちた一人のお母さんのつらい立場の発言をまねしたのだろうが、根本的に違う。言論の府の国会議員が民主国家の最大の柱である言論機関に『死ね』と言うのは、浅はかに尽きる」と批判した。

2017年11月13日(全文はソース)
http://mainichi.jp/articles/20171114/k00/00m/040/057000c

大谷昭宏


大谷 昭宏(おおたに あきひろ、1945年7月8日 – )は、日本のジャーナリスト、元新聞記者、漫画原作者。実弟は元最高裁判所判事の大谷剛彦。
生年月日: 1945年7月8日 (72歳)
大谷昭宏 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

何をもって民主国家最大の柱と言っているのか

・効いてる効いてる

・うーんこのダブスタ

・朝日と毎日の互助記事w

韓国死ね!→ヘイトスピーチは許されない

日本死ね!→素晴らしい

アベ死ね!→ホントそれ!アベ死ね!早よ死ね!

朝日死ね!→言論機関に死ねとは浅はかに尽きる

産経死ね!→安倍応援団のトンデモ極右機関紙は潰れろ!

・わかりやすい

・報道しない自由を徹底しておいて何が言論だ

コメント元https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1510615582/ 








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事