【民意】与野党の質問時間配分、国民の半数以上が見直しに前向き… 76.1%が「野党は建設的じゃない」

与野党の質問時間 半数超が見直しに前向き

▼記事によると…

・FNNが12日までの2日間行った世論調査で、国会での質問時間の配分について、与党より野党に4倍程度手厚く配分されていることの是非を尋ねたところ、「今のままでよい」と答えた人の割合は4割(42.8%)だった。

・これに対し、「野党に手厚く配分するが、今よりもより議席の数に応じた配分に近づけるのがよい」と答えた人(23.9%)と、「議席の数に応じて厳密に配分するのがよい」と答えた人(29.2%)の割合は、あわせて5割を超えた。

・手厚く配分されている野党の質問全般への印象を尋ねたところ、「国民の期待に応える建設的な質問が多い」という印象を持つ人は1割台(14.2%)にとどまり、7割を大きく超える人(76.1%)が、野党の質問について「建設的ではない質問が多い」という印象を持っていることがわかった。


11/13 14:42(全文はソース)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00376261.html

▼関連動画

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

だって民意だもの・・・

・この結果を野党は真摯に受け止めなければならないと思う

・国会中継をノーカットで見ている人限定で調査したらもっと見直しに前向きな結果が出るだろう。

・これ、野党のみなさんは割と重く受け止めた方が良いよ。見放されてるよ。

・どうせ野党にとって都合の悪い数字の調査は民意とは認めないんだろ? (‘A`)

・いやいや、まだ、産経補正があるから…

・そりゃそうだろうよ。モリカケに問題があるんだったら、証拠を捜査当局に提出すればいいだけ。バカバカしぃ。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事