「連合、本当に労働者の代表ですか?」

今月13日に福島市で行われた街頭演説で、自民党・小泉進次郎氏が労働組合を批判しました。

本来、賃上げ交渉を拳を振り上げてやるのは労働組合のはずですよね。

しかしそれを今、国をあげてやっているんです。

だとしたら何で労働組合は自民党を応援しないで野党を応援したままなのか。

そして労働組合は連合が束ねていますが、本当に労働者の代表は連合ですか。

私は違うと思いますよ。

なぜなら連合の組織率は17%。

何で17%の人たちが代表なんですか。

今までそうだったから慣例的に代表としてやっているだけで、今の世の中の多くの労働者の代表だとは、とても言えるもんじゃないと思います。

小泉進次郎


小泉 進次郎(こいずみ しんじろう、1981年(昭和56年)4月14日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党筆頭副幹事長。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長などを歴任。 父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。
生年月日: 1981年4月14日 (36歳)
小泉進次郎 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・労組にこれ言える時代になったんだな

・恐ろしいくらい正論

・正論だけど、これが言えるのはアベノミクスが成功してるから

・全くその通りだな。労働者の代表が賃上げしようとしてる自民党に反対してるんだからなw こんなアホな話しはないw

・そもそも円高放置してた野党を応援するとか労働者の敵だろ。仕事無くしたいのか

・ぶっこんできたなぁ

・久々にいい事言った気がする

コメント元http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507909341/

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事