和田政宗議員「希望の党の政見放送を見て、たまげました。日本地図に北方領土が記されていません。あり得ない」(※画像あり)

和田政宗議員が指摘

自民党・和田政宗議員が、希望の党の政見放送を見て“日本地図に北方領土が記されていない”ことを発見。

その画像をツイートし多くの反響が集まっています。

▼和田政宗議員のツイート

希望の党の政見放送を見て、たまげました。日本地図に北方領土が記されていません。北方領土は日本の領土ではないのでしょうか。政見放送ですから党の公式の見解や政策を出すものです。党代表か幹部が最終的にVTRにOKを出しているはずですが、こうした重要なことを見過ごすでしょうか。あり得ない

▼画像がこちら

和田政宗


和田 政宗(わだ まさむね、1974年(昭和49年)10月14日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元NHKアナウンサー、ジャーナリスト。
生年月日: 1974年10月14日 (42歳)
和田政宗 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・彼女の目的からしたら、どうでもいいことなのでしょう。

・ありえませんね、、、とんでもない事です。

・地図用意したのは民進党議員について希望の党に転職したスタッフじゃないですかね。

・これでよく「改革保守」なんて名乗れたものですね。

・希望の党って、いろんな意味でいい加減さが目立ちますね~(^_^.)

・結党集会でも「国旗無し」「国歌斉唱無し」だったらしいですね。擬似保守にも成れない政党。文句をつけられない中山夫妻・長島氏にもガッカリですね。

・同意:竹島・尖閣・北方領土を外す地図を平気で提示する党など、日本の党として不適格です。

・故意だとしたら希望の党の政策を疑うし、チェックミスだとしたら希望の党の事務能力を疑う。どちらにせよアウト。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事