舛添要一氏が警鐘、「小池百合子氏の手法はナチスに酷似」「私を失脚に追い込んだのも、嫌韓派・嫌中派です。」


舛添要一氏が警鐘、「小池百合子氏の手法はナチスに酷似」「狭量なナショナリスト」

小池氏は「寛容な改革保守」を自称していますが、その実態は「狭量なナショナリスト」です。日本会議との付き合いもありつつ、民進党右派を飲み込むことを続けていたら、なんでもありで政治がおかしくなります。

私を失脚に追い込んだのも、嫌韓派・嫌中派です。そもそも、オリンピックを行う都市でヘイトスピーチが蔓延しているなど、とんでもないことです。決して許してはならないのです。

小池批判を展開する真意とは

–1989年に上梓された『賤業としての政治家』(飛鳥新社)を拝読しましたが、あの時よりも政治状況はひどくなっていると思いますか。

舛添 本当にひどくなりました。当時は「岩波文化人」に代表されるような進歩的知識人に対して、我々のような保守派言論人と意見を戦わせました。そこに健全性があったと思います。

当時、産経新聞に「執筆してほしい」と頼まれて書いていましたが、それはリベラルへの対抗軸でもあったのです。しかし、今の産経新聞は読むに耐えませんし、広告も嫌韓本や嫌中本が多く、うんざりしています。

私の立ち位置はまったく変わっていません。しかし、劇場型政治が続いた結果、いつの間にか私が左翼と印象操作をされるようになったのです。そもそも、ボランティア制服の件でも叩かれましたが、あの制服にはありとあらゆるところに日の丸が入っています。

ところが今の制服にはまったく入っていません。それを右翼が怒らないということは、彼らの実態は“エセ右翼”だと思います。

–彼らにとっては、朴槿惠韓国大統領(当時)と握手したことが気に入らない点だったと思います。
舛添 大統領よりも背が高い私は、深々と頭を下げなければ握手ができない事情もありますし、私は都知事で相手は大統領ですから、敬意を払うのは当然のことです。

この握手シーンを韓国側が国威発揚に利用するのはおとなげないのですが、嫌韓派の政治勢力が「屈辱外交」と批判のトーンを高めることはポピュリズムの極みです。

2017.10.10(全文はソース)
http://biz-journal.jp/2017/10/post_20884.html

舛添要一


舛添 要一は、日本の国際政治学者、政治家である。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。 参議院議員、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣、新党改革代表、東京都知事などを歴任した。
舛添要一 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・まだ分かってないw

・このハ●ー! 違うだろ! 政治資金「公私混同」問題だろ。

・いや、お前がカネに汚かったからだよ

・舛添は他者を批判する前に、エゴまみれの自分を反省すべきだ。

・サイコパス思考

・何を言ってんだか。 都政より韓国の国益を優先したら、そりゃ嫌われるだろうよ。

・まったく反省してないね

・こういうやつだから失脚した

コメント元 http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1507753654/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!