中国スマホ大手「日本語専攻出て行け」 抗議相次ぎ謝罪

記事の概要

・「あなたが日本語専攻の学生なら、出て行ってください。あるいは映画事業で仕事させてやってもいい」。中国スマートフォン大手小米科技(シャオミー)の社員が河南省であった採用説明会でそう発言し、「就職差別」と批判されている

・社トップに抗議の声が寄せられ、社員は謝罪に追い込まれた。

・秦氏がこの時、「仕事させてやってもいい」と言った「映画事業」とは、中国人の若者の間ではアダルトビデオ産業の意味ととらえるのが普通だ。

・秦氏の話を聞き、会場にいた200人以上の学生はみな笑ったという。憤って会場を離れた日本語専攻の学生は、河南商報の取材に、「日本語専攻の学生に対するきわめて重大な侮辱だ」と述べた。

2017年9月25日 15時43分
http://news.livedoor.com/article/detail/13660936/

小米科技


小米科技(Xiaomi、シャオミ)は、中華人民共和国北京市に本社を置く総合家電メーカーで、2010年4月6日に雷軍によって設立された。 スマートフォンメーカーとして創業し、2011年8月16日に北京にて、初代小米手機を発表した。キャッチコピーは「Just For Fans」。
CEO: 雷軍 (2010年4月6日–)

小米科技 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本だったら、ヘイトスピーチで大騒ぎしてたところだが、土人国家は違うな。

・もし日本市場進出してもXiaomiだけは絶対買わん

・うん、ここのスマホは一生買わねー

・シャオミは社長も認める完璧なアップルパクリ企業

・良かった買うところだったわ

・一生不買だな

・いくら豊かになっても品性までは買えないってことだ

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1506328467/

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事