少年ら「肝試しだった」 沖縄集団自決の“チビチリガマ”荒らした疑い

少年ら「肝試しだった」 チビチリガマ荒らした疑い

沖縄戦の際に住民83人が「集団自決」に追い込まれた沖縄県読谷(よみたん)村の洞窟「チビチリガマ」を荒らしたとして、器物損壊の疑いで逮捕された少年4人の一部が「肝試しだった」と動機を供述した。嘉手納署が16日、明らかにした。署は詳しいいきさつを調べている。

署によると、逮捕されたのは読谷村がある沖縄本島中部在住の無職(16)、型枠解体工(17)、無職(18)、無職(19)の4人。5日正午ごろ~12日午前11時ごろにチビチリガマで、看板2枚や額1枚、千羽鶴4束を壊した疑いがある。

4人は友人同士で、一部は調べに「心霊スポットに行こうと思った」「肝試しだった」と供述。

4人は、別の数人も含めたグループでバイクに乗って10日午前にチビチリガマに行き、棒を使って看板などを壊したと話している。4人以外の少年数人の中には、止めようとした少年もいたという。

事件は12日に発覚し、報道された後、市民から「チビチリガマを荒らした少年がいる」との情報提供があり、少年らが浮かんだ。


2017年9月16日 13時54分
http://news.livedoor.com/article/detail/13620815/

チビチリガマ


チビチリガマは、沖縄県中頭郡読谷村波平にある鍾乳洞。1945年、沖縄戦における集団自決が行われた場所である。チビチリガマから南東に600メートル離れたシムクガマでは、対照的に集団自決による死亡者は出なかった。
チビチリガマ – Wikipedia

▼ネット上のコメント

・こいつらに復旧作業やらせろ

・それにしても何で「看板等を破壊」したんだろう?

・そこで無念の死を遂げた方々の気持ちを考えろ!!呪われなきゃいいが。。。

・歴史なんてそんなもんなんだろうな、10年後20年後はもっとだろうな

・沖縄がぁ~沖縄の行末がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~心配です。

・彼らに沖縄戦の史実を伝えるところから、だな。

・なんだ ただの調子に乗ったクソガキだったか。場を荒らして強がってるつもりだったかもしれんが、そういうのが一番カッコ悪いヘタレであると知るが良い!

・何らかの政治的意図でなかったのは幸いだが、地元の少年らにとってこの場所はその程度のモノとされてしまっている現実が辛い。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事