【動画】<北朝鮮>ミサイル発射 太平洋へ通過の模様 襟裳岬東、約2000キロに着水 飛距離3700キロとさらに伸びる

<北朝鮮>ミサイル発射 襟裳岬東、約2000キロに着水

政府によると、北朝鮮は日本時間15日午前6時57分ごろ、北朝鮮(順安)から東北地方に向けてミサイルが発射された。

午前7時にJアラートが作動

7時6分ごろ、北海道上空から太平洋に抜け、襟裳岬東、約2000キロに着水。

落下物や航空機、船舶への影響なし。

安倍首相は、インドから帰国中。午前9時に到着し、首相官邸へ向かう模様。

政府はJアラートを発令して警戒を呼び掛けた。

防衛省関係関係者、発射されたミサイルは『火星12型』と予想。

以前は襟裳岬東1180キロに落下、飛距離は2700キロ 最大高度550キロ 飛行時間14分、今回は、飛距離3700キロ 最大高度770キロ と飛距離は伸びている。

関係者によると、グアムまでは3400キロ。グアムを射程に捉える距離に成功した。

最新ニュースを配信中

映像提供:日テレNEWS24








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事