【朝鮮学校無償化訴訟】原告の請求棄却、国側が勝訴! 東京地裁判決

朝鮮学校無償化訴訟、国側勝訴、原告の請求棄却 東京地裁

朝鮮学校を高校無償化の対象に指定しなかったのは違法として、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の元生徒62人が国を相手に1人10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(田中一彦裁判長)は13日、請求を棄却した。

同種訴訟は全国5地裁(支部含む)に提起され、7月に広島地裁が国側勝訴、大阪地裁が国側敗訴としていた。

3件目として注目された東京地裁判決は、広島と同様、国側勝訴とした。【近松仁太郎】


2017年9月13日 14時19分
http://mainichi.jp/articles/20170913/k00/00e/040/296000c

朝鮮学校


朝鮮学校とは、在日朝鮮人に対して朝鮮語を用いた教育を行う民族学校のこと。学校教育法上は各種学校に分類されるが、日本の学校制度に準ずる教育体制を採っている。ウリハッキョの愛称がある。
朝鮮学校 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・珍しく地裁が仕事した

・至極常識的な判決

・どうして本国に帰らないの?ここ敵国だよ?

・敵国だからこそ潜伏してるんでしょ?

・まあ当然の判決、むしろ大阪地裁が異常なんだが。文句があるなら自国に金せびれという至極当たり前の結果
>>関連記事:【朝鮮学校】無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決 → ネットの反応「おかしい!」「最低の裁判」

・今回ばかりは国を評価する

・裁判するまでもねえ。当たり前だ

・まぁ妥当な判決なんだけどな 朝鮮人の多い大阪以外はw

・当たり前田のクラッカー

コメント http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505280861/








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事