産経新聞が東京新聞・望月衣塑子記者に取材を申し込むも「応じたくない(本人)」と断られる!

東京新聞の望月衣塑子記者を、石平氏が痛烈批判 「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ!」

▼一部抜粋

一方の望月氏は7日、「防衛省が来年度予算でミサイル開発費として177億円を要望。研究の中身は敵基地攻撃につながるミサイル開発 菅官房長官『防衛省は必要だから要望した』」という投稿を最後に自身のツイートはないが、リツイートは頻繁に繰り返している。

望月氏に対し、産経新聞WEB編集チームは8月中にインタビュー取材を東京新聞編集局を通じて申し込んだが、「応じたくないと本人が言っています」という編集局の回答のまま、実現していない。


2017.9.9 23:20
http://www.sankei.com/premium/news/170909/prm1709090030-n2.html

望月衣塑子 プロフィール


望月 衣塑子(もちづき いそこ、1975年 – )は、日本のジャーナリスト。
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、中日新聞東京本社に入社。東京地方裁判所・東京高等裁判所での裁判担当、経済部記者などを経て、現在東京新聞社会部遊軍記者。
望月 衣塑子 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・言論で生きてる人間の所作ではないな

・ガースーも応じたくないと思うよ

・AERAの取材は受けてたよな
>>関連記事:加計めぐる首相官邸報道室の抗議に東京新聞の望月記者が反論「文科省の正式発表前に質問したが…」

・自民を糾弾するのが仕事だからな。それ以外はノーサンキュー

・安全な所で石投げたい!

・会社はよくこんなの放置しておくよな。フリーかと思ってたわ

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1505056722/








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事