【北朝鮮問題】日本国民の命が脅威にさらされても圧力をかける理由にならない!?…寺島実郎氏の持論に批判の声(※動画あり)


日本国民の命が脅威にさらされても圧力をかける理由にならない

寺島実郎
「日本は北朝鮮に圧力をかけ追い詰めていく側に立つ理由が“北朝鮮に攻撃される可能性があるから”ではまずい!」

▼関連ツイート

寺島 実郎 プロフィール


寺島 実郎(てらしま じつろう、1947年8月11日 – )は、日本の評論家、全体知の思想家。多摩大学学長・教授、立命館大学国際関係学部客員教授、帝塚山大学特別客員教授、立命館アジア太平洋大学国際経営学部客員教員、一般財団法人日本総合研究所会長。 三井物産戦略研究所会長、新潟県知事泉田裕彦後援会会長、鳩山由紀夫政権でのブレーンを歴任した。
寺島 実郎 – Wikipedia

▼動画がこちら

▼関連動画

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・出演者誰が喋っても内容同じですね^^;

・放送するに値しない❗

・国民の命より、北朝鮮を守れと?ふざけるな、TBS

・そろそろサンデーモーニングが北朝鮮放送局だと言うことに情弱も気づいてよね。

・朝鮮の番組と考えれば理解できる。

・こういう支離滅裂な自分に気づかず、自分をインテリだと思っている人ほど、いざ有事になれば、真っ先に逃げるだろう。

・寺島さんは、殺人予告され、庭に包丁を投げ込まれても、警察に助けを求めないのだろうか?

・黙って威嚇され続けなきゃいけないの?


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!