【遭難女性の警察官批判】室井佑月のコメントに批判…「警官がタイプの男じゃなかったんだね!」 → ネットの反応「誰がこの女を必要としてるの?」(※動画あり)


室井佑月氏 遭難女性の警察官批判に持論「警官がタイプの男じゃなかった」

8月30日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、作家の室井佑月氏が、山で遭難した女性が警察官を批判するブログ記事を投稿したことについて持論を展開した。

番組では、「遭難女性が救助の警官にブチ切れ」と題し、J-CASTニュースの記事を取り上げた。

記事によると、三重県内の山で遭難し警察に救助された30代の女性が、救助された際の警察官の態度に腹を立て、不満を綴ったブログ記事を投稿して物議を醸しているという。

番組MCの蝶野正洋からコメントを求められた室井氏は「これ、警官がタイプの男じゃなかったんだね」「タイプの男だったら、上から目線から言われて説教もキュンッってなったりして、運命の出会いだったかも知れないのにね」と持論を展開した。

この室井氏のコメントに、宇多丸はすかさず「その確率は低いでしょ!」とツッコミを入れ、笑いを誘った。

そんな室井氏は、警察官と揉めた経験を尋ねられると「私、どっちかというと好き、制服好きなの」と唐突に告白をする。

さらに室井氏は普段、道を聞いたり、盗難被害を届けたりした際の警察官の対応は「スゴい優しいよ」と、笑顔で語っていた。


2017年9月1日 6時50分
http://news.livedoor.com/article/detail/13549918/

室井佑月 プロフィール


室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年2月27日 – )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県出身。血液型はB型。身長162cm。オーケープロダクション所属。
生年月日: 1970年2月27日 (47歳)
生まれ: 青森県 八戸市
室井佑月 – Wikipedia

▼関連記事

遭難にあった登山者が注意され逆ギレし炎上…「警察や公務員はサービス業でしょ?遭難者の私に説教や愚痴とか何様なの?警察なんてバカヤロー!」

動画がこちら(※36:00〜)

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・いや、そういう冗談で済む話じゃないから

・救助に行った警官もリスクあるのに

・お前みたいな2枚舌女がいるから女には社会的信用がないんだよ

・こういうバカな女どもが悪目立ちするから、女性全部が馬鹿に思われるんだよ。この手の輩は表に出ないで引きこもってて欲しい

・誰がこの女を必要としてるの?

・わかるのは室井がバカだってこと

・この女Jアラート叩いてたよね

・俺が室井を嫌いな理由が解明された

・このくだらんアホを地上波にのせるな。 ネット番組レベルにしとけ

・室井にTVで遭遇すると速攻で局を変える。それくらい嫌な女。何故使い続けるのかTBSは理解不能。

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504217187/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!