【民進党】前原誠司新代表誕生「多くの国民が政権交代などできっこないと思っているがそれを変えていく!」


前原誠司氏、民進党の新代表に 「多くの国民が政権交代などできっこないと思っているが…」

◆記事の概要

・民進党が9月1日に東京プリンスホテルで開いた臨時党大会で、前原誠司氏(55)が枝野元官房長官(53)を抑えて新代表に選出された

・前原氏は2005年に民主党代表に就任したが、06年に「偽メール」問題で辞任。11年ぶりの返り咲きとなった

・前原氏は投票前の演説で「多くの国民が『民進党に政権交代などできっこない』と考えてます。決意を示せば、失笑・冷笑で迎えられるでしょう。私はそれを変えてまいります。」と決意表明をした


2017年09月01日 14時20分
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/01/maehara_a_23193145/

前原誠司


前原 誠司は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員、民進党尊厳ある生活保障総合調査会長、凌雲会会長。 京都府議会議員、民主党代表、国土交通大臣、外務大臣、民主党政策調査会長、内閣府特命担当大臣などを歴任。
生年月日: 1962年4月30日 (55歳)
生まれ: 京都府 京都市
前原誠司 – Wikipedia

民進党


民進党は、日本の政党。略称は民進、DP。衆議院・参議院両院で自由民主党に次ぐ第2会派を形成している野党第1党である。 民主党に維新の党が合流し、改革結集の会の一部、無所属の議員も参加して、2016年3月27日に民主党が改称する形で結成された。
設立: 2016年3月27日
民進党 – Wikipedia

民進党のツイッター

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・民進党新代表は前原氏か。沈んだ船の舵をどうやって取るのか…もう手遅れ感がある。

・これで、民進党は党を挙げて消費税増税に突き進むことが決まった。

・枝野氏を選ばなかったことに意味がある

・敗戦処理…

・民進党の代表が前原になったの?良かったね、前代表や対立候補よりマシだよ。改憲を進めてどうぞ。

・前原さんだと自民党との差別化が難しいと思うが。

・嘘だろ。前原氏に決まったの? 何考えてんだ、民進。枝野氏以外にないだろ。一縷の望みも尽きたか。。

・民進党新代表決まったか。結果的には「ですよねー」という感じ。枝野氏が代表になってもらってトドメをさして欲しかった気もするが

・前原ってお金の問題出てて東日本大震災きてうやむやになってた気がするけど

・前原さんに期待しています。まず解党してください。


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!