【ヒトラー発言】志位委員長、麻生副総理の罷免求める「大変重大な発言で、撤回したからといって決して済ませられる問題ではない」


共産 志位委員長 ヒトラー発言で麻生副総理の罷免求める

麻生副総理兼財務大臣が「いくら動機が正しくとも、ヒトラーはだめだ」などと述べ、その後、発言を撤回したことについて、共産党の志位委員長は記者会見で、閣僚の資格は無いとして麻生副総理の罷免を求めていく考えを示しました。

麻生副総理兼財務大臣は29日の派閥の研修会で「いくら動機が正しくとも、ヒトラーはだめだ」などと述べ、その後、「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり撤回したい」とするコメントを発表し、発言を撤回しました。

これについて共産党の志位委員長は31日の記者会見で「大変重大な発言で、撤回したからといって決して済ませられる問題ではない」と批判しました。

そのうえで志位氏は「麻生氏がヒトラーに対しシンパシーを抱いているということを否定しがたい形で明らかにしたと思う。国際政治に参加する資格や、閣僚の資格が無いことは明らかで、安倍総理大臣に麻生氏の罷免を強く求めたい」と述べました。

また北朝鮮の弾道ミサイル発射に関連して「安倍総理大臣が繰り返し言っているのは『今は、対話すべきではない』という『対話否定論』だが、日本政府はいかにしてアメリカと北朝鮮の軍事衝突を回避するかを考えるべきで、危機打開のためには米朝の直接対話が必要だ」と述べました。


8月31日 17時43分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170831/k10011120931000.html

志位和夫 プロフィール


志位 和夫(しい かずお、1954年7月29日 – )は、日本の政治家。衆議院議員(通算8期)。
1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
志位和夫 – Wikipedia

▼関連記事

麻生副総理が記者の質問に苦言「私がヒトラーについて極めて否定的に捉えていることは発言の全体から明らか。君はその席にいなかったんだろ?」(※動画あり)

 

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・何故そうなる?

・乗っかってくんな

・揚げ足取りしか出来んのか⁈

・ニホンゴ、ワッカリマスカー?

・みんな共産党の怖さを知った方がいいよ。

・オレ、志位さんにそのまま返すわ!「いくら平和と人権を守ると動機がが正しくても、日本共産党の暴力革命はダメだ!」

・毛沢東を賞賛してる共産党がよく言うな?

・アベの次は麻生ですか?期待しております。


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!