【北朝鮮問題】舛添要一「北からの難民の大量流入に対する準備を始めておいたほうがよい!」 → ネットの反応「敵対国の難民なんて受け入れる国はない。」


舛添要一氏、北朝鮮問題「挑発行動は限界点に達しつつある」ツイッターで指摘

 前東京都知事の舛添要一氏(68)が30日、自身のツイッターを更新し、北朝鮮のミサイル発射への見解を示した。

舛添氏はツイッターで「北朝鮮の挑発行動は「限界点」に達しつつある。北がギリギリの範囲内にとどまるにしても、日本としては万が一に備え迎撃態勢の整備が急務だ」と指摘した。

さらに「同時に、北からの難民の大量流入に対する準備を始めておいたほうがよい。100万人単位の深刻な話であり、欧州と同じになる。拉致問題も忘れてはならない」と示していた。


2017年8月30日11時54分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/topics/20170830-OHT1T50108.html

舛添要一


舛添 要一(ますぞえ よういち、1948年〈昭和23年〉11月29日 ‐ )は、日本の国際政治学者、政治家である。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。 参議院議員、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣、新党改革代表、東京都知事などを歴任した。
生年月日: 1948年11月29日 (68歳)
生まれ: 八幡市
舛添要一 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・え? コイツなんで意見してんの?

・黙ってろ 税金泥棒

・日本人のことは考えず朝鮮人学校設立に必死だったね。桝禿さん

・何言ってんだこの禿げ。難民なんて日本で受け入れる必要なし

・敵対国の難民なんて受け入れるバカ国はない

・やはり難民来たら韓国か中国に流す準備をしないとな

・黙ってカップ麺喰っとけ

コメント http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1504090806/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!