慶應経済学部教授・金子勝「北朝鮮も怖いが、「戦時放送」を流す安倍政権も怖い」

▼金子勝氏のツイート

【軍事化する日本】

北朝鮮のミサイルが北海道の一部上空を通過して1200kmも離れた太平洋に落下。

テレビは「国民保護に関する情報」と称して北海道から関東甲信越まで「頑丈な建物に避難せよ」と、まるで戦時中の「空襲警報」を一斉に流す。

北朝鮮も怖いが、「戦時放送」を流す安倍政権も怖い。

金子勝 プロフィール


金子 勝(かねこ まさる、1952年6月25日 – )は、日本のマルクス経済学者。慶應義塾大学経済学部教授。専門は、制度経済学、財政学、地方財政論。日本経済学会には所属しておらず、経済理論学会に所属。東京大学大学院経済学研究科中退、学位は修士。東京都出身。 なお立正大学に同姓同名の別人、法学者の金子勝がいる。
執筆活動のほか、『サンデーモーニング』(TBS)や、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)などにテレビ番組にも出演している。

金子勝 - Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・凄いなこれ。金子君、少しは自分の発言客観的にみろよ

・今回初めて自称ロケットじゃなくてミサイルが日本上空通過したんだけどね

・アベノミクス批判して、代案が「ソーラーパネル」って真顔で言い切るキチ◯イだからな

・原因に目をつぶって対策するなと?

・これ大問題発言だよね。なんでマスコミは追求しないの?なんで慶応は解雇しないの?

・じゃあどうすればよかったの?9条を唱えるの?

・この教授は情報を隠蔽して「今日も何事もなく平和です」 と国民を欺く政府の方が良いらしい

コメント http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1503964879/








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事