羽生結弦は病気を言い訳にせず… 24時間テレビのツイートに批判殺到!→ 小児科医「即刻謝罪・訂正すべきです」

24時間テレビ「小児ぜんそくと診断された羽生結弦選手が、病気を言い訳にせず」ツイートに批判殺到

8月26日から27日にかけて、日本テレビで毎年恒例の「24時間テレビ 愛は地球を救う」が放送された。

「感動ポルノ」なる言葉などで揶揄されるようにもなってきた同番組、毎年ネット上でも大変話題になるのだが、今年は『Twitter』での番組アカウント(@24hourTV)のツイートが物議を醸している。

番組の放送中、8月26日の20時30分に

“この後は2歳の時に小児ぜんそくと診断された羽生結弦選手が、病気を言い訳にせず世界のトップで戦い続ける思いをテレビで初告白。さらに、郷ひろみと氷上コラボ!全国の病気を抱える子供たちにエールを送る。
是非お見逃しなく!”

との投稿がなされたのだがこちらに批判が殺到。

中でも、医療関係者の

“「病気を言い訳にせずに」という一文を見て、喘息その他で本当に運動のできない子どもたちが「僕は言い訳してると思われてるのか…」と傷つくことは容易に想像できそうなものです。
言葉の選択が悪すぎだし、個人的には羽生選手の素晴らしい演技を「ぜんそくの」と修飾する必要はないと思います”

というツイートは反響を呼び、翌々日早朝の時点で3万3000件以上のリツイートを集める。同ユーザーは

“もちろん羽生選手が「ぜんそくを持ちながら」あるいは「ぜんそくを克服し」活躍するのは多くの子どもの励みになると思います。それは「言い訳にせず」という曖昧な根性論では無く、適切な医学的管理によるはずです。 そして病気の子どもができるだけ普通に生活できるように手伝うのが我々の仕事。”


“ご存知ない方のために付け加えると、ぜんそくはしぬかもしれない病気です。そしてしぬきっかけとして良くあるのは我慢してしまうこと。もしぜんそく発作が起こったら、我慢してはいけないのです。 「ぜんそくを言い訳にせず」と言うのは本当に最悪の言い方です。”

と続け、こちらも多くのリツイートを集めていた。


http://news.livedoor.com/article/detail/13529767/

24時間テレビ 「愛は地球を救う」


『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』は、1978年から毎年8月下旬の土曜から日曜にかけて生放送されている日本のチャリティー番組である。通称『24時間テレビ』、『24HTV』。 日本テレビ系列(NNN・NNS)30社に沖縄テレビを加えた民間放送局31社が共同で主催している。
初回: 1978年8月26日
24時間テレビ 「愛は地球を救う」 – Wikipedia

▼twitterの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事