【民進党】枝野幸男「北朝鮮ミサイルを撃ち落とさなければ壊れるほど日米同盟は脆弱なのか」


民進党代表選・共同会見詳報

--北朝鮮と米国の対立が深まっている。2人とも安保法制は違憲という立場だが、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過する事態が発生したら、日本はどう対応すべきか

枝野氏「まず、撃ち落とす能力は、あと2年ほど自衛隊は装備されない。そして本当にそれをやらなければ日米同盟が壊れてしまうような、日米同盟は脆弱なものか。本当に米国の、グアムは領土だから、米国の領土を守るためにどうしても必要なことであれば、それは本来米軍が自ら装備をするはずだ。

どこかの国の外務副大臣が『撃ち落とさなければ日米同盟がダメになる』と無責任なことを言っていたが、そうした情緒論に流さてはいけない。

わが国は基本的には専守防衛。領土・領海が攻撃されたことに対して、それは全力をあげて領土・領海、国民を守るということだが、それを超えてできるということをつくってしまえば、じゃあ、どこまでができて、どこまでができないとか、恣意的に判断が変わっていく。

第2次世界大戦、日中・日米戦争のときは、このあいだもNHKが報道していたが、インドに行くことが生命線であるというところにまでいった。

だから領土・領海・領空を守ることを超えることについては、日本の自衛隊がどこまでできるのかということが無限に拡大するスタートになりかねない。

それをせずに、どう日米同盟を維持し、わが国の領土・領海を守るのかということに全力をあげるべきだ」


http://www.sankei.com/politics/news/170821/plt1708210038-n5.html

枝野 幸男 プロフィール


枝野 幸男(えだの ゆきお、1964年5月31日 – )は、日本の政治家、弁護士。民進党所属の衆議院議員、民進党憲法調査会長。 民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長などを歴任した。
生年月日: 1964年5月31日 (53歳)
生まれ: 栃木県 宇都宮市
枝野 幸男 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・やっぱりこいつ頭おかしい

・ミサイルが日本上空を飛んで同盟国を攻撃してるのに、「いってらっしゃーい、バイバイ」って言えないだろw

・撃ち落とすのは防衛以外の何物でもないだろ

・本当に言ってんのか。こいつ座して死ねって国民に言ってんのかよ

・民進党は中国・朝鮮の利益確保のために頑張ります

・こいつ、何いってんだ? マジなら本性表したとしか…代表選で焦ったか

・こいつの頭には助け合うって考えがないのか

・こんなのが官房長官だったんだぜw おまいらよく生き残ったなw

コメント http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503711844/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!