はるかぜちゃん「戦争になったら“偉い人たち”が頑張ってこの国を守ってください。安全な場所に逃げるのはナシ」


春名風花が戦争について持論 「反戦芸人」見出しに苦言も

24日、タレントの「はるかぜちゃん」こと春名風花が、自身のブログで戦争についての持論を綴った。

春名は「死にたくないし寿命を超えても永遠に生きていたい」というタイトルでブログを更新。

11日放送の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)での、ウーマンラッシュアワー・村本大輔を「最強反戦芸人」と表現した記事を引用し「『反戦芸人』って見出し、なんとなくやだな」と切り込んだ。

春名は「戦争なんてしたくないのはみんな同じ」「ほかの芸人さんが『戦争賛成芸人』みたいにもきこえる」と苦言を呈す。

一方で、春名は「村本さんが朝生で『国よりも自分が好きなので戦争には行きません』って言ったことについて」と、村本の意図を推察していく。

春名は、村本が言う「国」は「戦争しよう!と決める偉い人たち、すなわち国家のことだとおもう」「つまり『国の偉い人たちより自分が好きなので戦争には行きません』」と、村本の発言を解釈したうえで「え、めっちゃ普通の意見じゃん」と指摘する。

村本の考え方に怒りを覚える人々がいることに関しても「何となく、理解できる」としたうえで、本当に戦争がはじまったとき「国の偉い人たちって、どこでなにをしているんだろう?」と疑問を呈す。

そんな春名は、「偉い人たち」から「このままでは日本が全滅です」「あなたたちの大切な家族や愛する人もみんな死んでしまうんですよ」「頼むからたたかってくれ」「外交に失敗したので助けてください」と言われた場合には「じゃあ、皆さんが前線に立ってください」と、みんなで言ってみたらどうかなと提案している。

さらに春名は「偉い人たち」への厳しい指摘をしつつ、「とりあえず偉い人たちだけ安全な場所に逃げるのはナシってことでそれだけはお願いしたいなーって思います」とチクリ。「頑張って働いて税金払うので、偉い人たちは頑張ってこの国を守ってください」との訴えを綴っている。


http://news.livedoor.com/article/detail/13522075/

春名 風花


春名 風花(はるな ふうか、2001年2月4日 – )は、日本の女優、元子役、タレント、声優。愛称は、はるかぜちゃん。神奈川県出身。プロダクション・エース所属。
生年月日: 2001年2月4日 (16歳)
生まれ: 神奈川県 川崎市
春名 風花 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・北朝鮮からミサイル撃ち込まれてるのに何いってるの? 攻め込まれる戦争もあるんだぞ。

・村本と同じ。アホに発言させるとこうなる

・偉い人が全滅したら誰が国家運営するの?

・こういうのいるよね。 社長や経営者も掃除しろとかいう人。

・やれやれ・・・ほんと馬鹿なんだなw 専守防衛の意味も知らんのだから・・・

・「自分たち」 自分の意見を同世代の意見としてるの?

・行きませんって向こうからやって来るでしょ

・小学生レベルだな。戦争反対でもいいが、もっとレベルを上げてほしい

・カリアゲを批判しなくて日本を叩くあたり、反日テレビ局に媚びてて気持ち悪い

・誰もお前に行けなんて言ってないのに、自意識過剰すぎる

・中学生くらいならこういう発想するのも仕方ないだろ

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503705515/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!