山中慎介にTKO勝ちしたルイス・ネリ ドーピング違反の可能性浮上 → ネットの反応「山中選手に失礼」「薬物検査はしないの?」

山中の相手がドーピングか=無効試合で王座復帰も-ボクシング

世界ボクシング評議会(WBC)は23日、京都市で15日に行われたWBCバンタム級タイトルマッチで13度目の防衛を狙った山中慎介(帝拳)にTKO勝ちしたルイス・ネリ(メキシコ)に、ドーピング違反の可能性があると公式サイトで明らかにした。

 試合に際して実施された検査で、ネリの検体に筋肉増強作用がある禁止薬物ジルパテロールの陽性反応があったとWBCは報告を受けた。スポーツ専門局ESPN(電子版)は、タイトル戦は無効試合となり、山中が王座に復帰する可能性があると伝えている。

 試合はネリが4回に連打を浴びせてTKO勝ち。34歳の山中は具志堅用高が持つ日本男子歴代最多記録に並ぶ世界王座13度連続防衛に失敗し、進退について「落ち着いて考えたい」と態度を保留している。

 ジルパテロールは家畜を太らせる目的で用いられる物質で、ドーピングで使用されることが多いクレンブテロールと作用が似ている。 


http://news.livedoor.com/article/detail/13514186/

山中慎介


山中 慎介(やまなか しんすけ、1982年10月11日 – )は、日本のプロボクサー。滋賀県湖南市出身。第65代日本バンタム級王者。元WBC世界バンタム級王者。 南京都高校、専修大学商学部卒。帝拳ボクシングジム所属。マネジメントは株式会社コモンズ2所属。
生年月日: 1982年10月11日 (34歳)
生まれ: 滋賀県 湖南市
山中慎介 – Wikipedia

▼twitterの反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事