【市民団体】鷹巣代表「9条にノーベル賞を」韓国と連携していくことが大事。なぜ少女像の撤去を求めるのか理解できない。


自衛隊加憲は不要=「9条にノーベル賞」鷹巣代表-インタビュー・憲法改正を問う

安倍晋三首相が提起した憲法改正について、市民団体「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会(神奈川県)の鷹巣直美共同代表に聞いた。

(略)

 -北朝鮮の核・ミサイル開発により軍事的緊張が高まっていることをどう考えるか。

外交で解決すべきであり、被爆国として米国にも北朝鮮にも核・ミサイル開発をやめさせるべきだ。そして何よりも韓国と連携していくことが大事だ。

文在寅政権は北朝鮮との対話路線を敷いている。そのためにも、日韓間の慰安婦問題は解決しなければならない。

同問題は9条につながってくるものであり、現行のままの9条を保持することが(韓国に対する)反省、謝罪になる。

日本政府は、なぜ韓国に設置された慰安婦を象徴する少女像の撤去を求めるのか理解できない。

政府はこうしたことを引き起こす戦争を二度と繰り返さないという反省として、首相官邸の敷地にも設置するくらいの覚悟を見せるべきだ。


http://news.livedoor.com/article/detail/13514950/

鷹巣 直美

鷹巣 直美氏(たかす・なおみ)1976年生まれ。豪タスマニア大理工学部卒。「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会共同代表。主婦。神奈川県出身。

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・捏造だから、アサヒも認めただろ。ほんと何回いっても判らない馬●だな、こいつら

・大使館前、領事館前の銅像を撤去しろって言ってるだけ

・こういう発言が9条にノーベル賞をと主張する人達の素性を露わにすると何故気付かないのかね

・像のモデルの少女は慰安婦じゃないのにかわいそう

・また変なのが出てきたな。自称日本人はもう秋田

コメント http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1503557920/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!