カナダの警察官が万引き犯を逮捕しなかった理由に、称賛の声


『万引き』は犯罪です。

日本でも日常の多くで万引きが起きていますが、どんな理由があっても許されない行為です。

しかし、カナダで起きた万引きに対して、警察官がとった驚きの行動に称賛の声が上がっています。

青年が万引きしたものとは

カナダのトロント警察署に「万引き犯を捕らえた」と店からの連絡が入りました。

警察官の二ラン・ジェイエナサンさんが現場に行くと、そこに居たのは18歳の青年でした。

『TPS News』によると、青年が盗んだものはYシャツ・ネクタイ・靴下の3点。

二ランさんはそれを見て、“普通の万引き犯とはちょっと違う”と感じたといいます。

万引きは苦渋の決断だった

万引きした理由は、就職の面接に着ていく服を買えなかったからでした。

どうやら青年の父親は病気で働くことが出来ず、生活難に陥っていたようです。

青年は、万引きしたことをとても後悔していました。

その姿を見て、二ランさんは「万引きはしてはいけない事だが、”逮捕”が本当の意味でこの若者を正すことに繋がるのだろうか」と考え、ある決断をします。

二ランさんは青年と万引きをした店へ戻りました。

青年が万引きした商品をすべて購入し、なんと彼にプレゼントしたのです。

 

二ランさんのこの行動について、警察署内でも議論が行われました。

「よりよい形で青年を正しい道へ導こうとした彼を、私たちは誇りに思います。」と上司を含め全員が二ランさんに賛成したといいます。

この出来事について二コラさんがインタビューを受ける様子がこちらです。

万引きをした青年は、後日行われた面接に無事合格することが出来ました。

その連絡を受け、二コラさんも喜んだそうです。

『逮捕』以外の形で青年を正しい道へと導いた二コラさん。

この心優しい警察官のことを、青年は一生忘れることはないでしょう。


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!