【世界で際立つ異常さ】日本のテレビは「守られすぎ」 森友・加計学園問題で異常さが露呈…信頼を失ったのは日本のテレビ


世界で際立つ異常さ──森友・加計問題で信頼を失ったのは日本のテレビだった

「メディアとは自ら能動的に取材し、ファクトを提示するべきものだが、今回はほとんどのメディアがその役割を放棄し、野党によるショーアップされた内閣追及に加担し続けた。場合によっては、自民党以上に信頼を失ったのはメディアだったということになるかもしれない」

このコメントは思いのほか、多くの賛同をいただいたようですが、メディア(ここでは最も典型的なテレビを取り上げます)側とユーザー(情報の受け手)側の両視点から、もう少し掘り下げてみましょう。

よく言われることですが、日本のテレビの異常さは、

(1)電波割り当てや記者クラブといった仕組みに守られていること、

(2)そのため表向きは「不偏不党」をうたいながら、実際にはそれを都合よく解釈し、大衆がニュースから受ける印象の“操縦桿(かん)”を握っていること、にあります。

はっきり言えば「守られすぎ」で、さまざまなごまかしがあるのに、視聴者もそのヌルさに慣れきって何も感じなくなっているのです。

一方、例えばアメリカではCNNやFOXから独立系放送局に至るまで、イデオロギーを特化させたりニッチを狙ったりと、市場でユーザーを取り合っています。

そしてアグレッシブにネットでも発信し、新しいビジネスにつなげる。その進化の過程でフェイクニュースのような“魔物”が生まれることもありますが、いまだに報道番組の動画をネットに出し渋ることが多く、高齢者をメインターゲットにすることで延命している日本とは大きく違います。

(略)


全文は以下ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/13491839/

モーリー・ロバートソン プロフィール


モーリー・ロバートソン(Morley Robertson、1963年1月12日 – )は、日本を中心に活動している米国籍のDJ、ラジオパーソナリティー、ミュージシャン、ジャーナリスト。ニューヨーク生まれの広島市育ち。妻は女優の池田有希子。
生年月日: 1963年1月12日 (54歳)
生まれ: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
配偶者: 池田有希子
モーリー・ロバートソン – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・嘘で国内を大混乱に招いても誰も責任をとらんからな。責任無き組織は淘汰されるべき

報道の自由度下げてたのは、政府の圧力なんかでは無くて、実はマスゴミ自身の報道カルテルだったというオチ

・2月から始まってもう半年か。結局「安倍が関与した証拠」は何一つ出てこなかったね。一時的に内閣支持率は下がったけど時間とともにこれ全部メディアへの不信になるからね

電波オークションをやらないことがTV局の最大の既得権保護

・安倍さんの名前が出てるから何か悪い事に関わってたんじゃないの?→支持率低下
流す方も流す方だけど、受け手もこれだからなぁ

・マスコミの若い世代はさすがに違和感感じてないのかね??上の方針なんだろうけど、このままいくと10年後は誰からも信用されなくなるぞ

・コメンテーターとやらに「疑惑は深まった」「説明が足りない」と延々と繰り返すだけで世論操作は成功するんだよな。そりゃ、マスコミの時代は終わらないよね

コメント http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1503144699/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!