田原総一朗「マスコミも国も信用できないから、ジャーナリストになった」→ネットの反応「この人の本心はどこにあるんだ?」


敗戦は、僕のジャーナリストとしての原点だ

マスコミも国も信用できない

(略)

僕は「大人たちがもっともらしい口調で言う話は信用できない。マスコミも信用できない。

国は、国民を騙す。特に、権力とは信用できないものだ」と強く思った。これが、僕のジャーナリストとしての原点だ。

当時の気持ちは、今も褪せることなく僕の中にある。特に政治家やマスコミの言う話は信用できない。

さらに僕は、その後2度も騙されている。終戦後、「平和こそ大事だ。もし、戦争が起こるようなことがあれば、君らは命を賭けて平和のために戦え」と教えられた。

だから、朝鮮戦争が起こったとき、高校1年生になった僕は、教えられた通りに「戦争反対!」と声を張り上げた。すると先生は、「お前たちは共産党か」と叱りつけたのだった。


http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/081700033/?P=2

田原総一郎 プロフィール


田原 総一朗(たはら そういちろう、1934年(昭和9年)4月15日 – )は、日本のジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。ドリームインキュベータ社外取締役。元東京12チャンネルディレクター、元映画監督。日本国際フォーラム参与、政策委員。公益財団法人日印協会顧問、一般社団法人外国人雇用協議会顧問、NPO法人万年野党会長。
生年月日: 1934年4月15日 (83歳)
配偶者: 田原 節子 (1989年 – 2004年)
田原総一郎 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・だから俺が騙すんだってか

・お前も信用できない

・マスコミが何か言ってる

・そして偏向報道をして、それを指摘されても開き直る人間になった

・お前が一番信用できないわ

・その偏向マスコミとグルになってるのが田原じゃないか

・この人の本心はどこにあるんだ? 役者なのかな

・信用できないマスコミの代表が何を言ってるんだ?

・ジャーナリストが信用できない国民はどうすれば良いんだよ?

・ミイラとりがミイラになるとはこのことか

コメント http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502983079/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!