Share News Japan

最新のニュース

海保警戒!尖閣へ向け中国の大漁船団が出航… 武装した漁師が乗っている可能性も → ネットの反応「何もできない日本」「そろそろ日本は行動すべき」

海保警戒!尖閣へ向け中国の大漁船団が出航… 武装した漁師が乗っている可能性も → ネットの反応「何もできない日本」「そろそろ日本は行動すべき」

尖閣へ向け中国漁船団が出航

沖縄県の尖閣諸島周辺へ向けて出港する、中国の大漁船団。武装した漁師が乗っている可能性もあり、尖閣の海が、再び緊迫している。爆竹を鳴らしながら、次々と港を出て行く船。ここは、中国・福建省の漁港。

漁が解禁される日を迎え、港からは多くの漁船が出港している。中には、尖閣諸島周辺に行く船もあるという。副市長は「休漁期は終わりです。漁は全面解禁です」と話した。日本時間の16日午後1時、中国政府は東シナ海での漁を解禁。この港を拠点としている、およそ600隻の漁船のうち、およそ半分が、沖縄県の尖閣諸島周辺に向かうという。

港にいた人は、「釣魚(尖閣諸島)とフィリピンへ行くよ」、「(釣魚島など)遠いところへ行くと思います。最近は、近海の資源が減っているので」などと話した。漁の解禁に合わせて行われたセレモニー。黒い服を着た男女が、板のようなものを持ち、頭を下げる。漁に向かう漁師たちの無事を祈って行われるものだという。尖閣諸島周辺は、日本の領海の外なら、中国漁船による操業が認められている。

ところが、2016年は、200隻から300隻の中国漁船が押し寄せ、漁船とともに中国海警局の船も領海侵犯を繰り返す事態となり、当時の岸田外相が駐日中国大使を呼び、抗議した。あれから、およそ1年。2017年も、尖閣諸島周辺に向け出港した、中国漁船。

この映像を見た、東海大学の山田吉彦教授は「この船団はしっかりコントロールされた、統率した動きをとるものである。後ろに見える指示船と思われる船には、日本製のかなり高精度のレーダーが積まれていることがわかる。大きな規模の船団なので、滞在期間が長く取れる。中国の海域なんだということを定着させる思惑がある」と話した。漁民によれば、距離や船の大きさに応じて、中国政府から補助金が出ていて、福建省から遠い尖閣諸島にも行きやすいという。また、漁船には、「海上民兵」と呼ばれる武装した漁師が乗っていることがあるという。

漁民は「民兵か? いるよ。釣魚島(尖閣諸島)に行けば、あちこちにいるよ」と話した。2017年も、民兵が乗った中国漁船や海警局の船が、日本の領海に侵入する可能性もある。しかし、山田教授によれば、2017年は、中国側に日本への配慮も見られるという。山田教授は「ことしは、日本の動向を見ながら日本がいったん落ち着く『終戦の日』以降、解禁になってきた。北朝鮮情勢もあり、今、日中関係で必要以上に問題を起こそうという意図は感じられない」と話した。

7月にドイツで行われた日中首脳会談では、安倍首相は「上野動物園で生まれたパンダも、元気に育っています」と述べた。安倍首相が、中国が唱える現代のシルクロード構想「一帯一路」への協力を表明するなど、冷え込んだ日中関係に雪解けのムードも出ている。そんな中、解禁された尖閣諸島周辺での中国漁船による漁。2017年も、領海侵犯が繰り返されることになるのか。政府は、海上保安庁の巡視船などで、警戒を続けている。


http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00367457.html

なぜ解禁日16日?中国の思惑



▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・根こそぎゴッソリやられるぞ

・しっかり仕事しろよ 海保

・抗議するだけの簡単なお仕事

・何もしない、できない日本

・これ警戒しないと

・海保じゃないで海自でお願いします

・戦争ができる国にならないと拿捕すらできない

・珊瑚ごっそり盗られても何もできなかったからな。ほんと弱い国だわ。

・警戒しても撃たなきゃ意味は無い

・どう見ても侵略行為じゃん。明らかな侵略行為に軍が応戦しないのは日本だけ

・もはや海賊じゃねーのこれ

・そろそろ日本は行動すべきやね

コメント http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502894989/

アンケート(ランダム)&結果を見る


おすすめの関連記事

Return Top