【朝日新聞】旧日本軍「731部隊」の元見習い技術員「ホルマリン漬けの瓶に入っていた子どもたちのことが忘れられない」


「ホルマリン漬けの子」少年の衝撃 731部隊で見習い

15日で戦後72年。今夏も各地で、戦争体験者が語り部となっている。当時、10代の少年は、過去を直視し、歴史と向き合うことの大切さを訴えた。(全文はソース)
http://www.asahi.com/articles/ASK8H320ZK88UOOB00R.html

731部隊


731部隊(ななさんいちぶたい)は、第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍に存在した研究機関のひとつ。正式名称は関東軍防疫給水部本部で、731部隊の名は、その秘匿名称(通称号)である満州第七三一部隊の略。
満州に拠点をおいて、防疫給水の名のとおり兵士の感染症予防や、そのための衛生的な給水体制の研究を主任務とすると同時に、細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関でもあった。そのために人体実験や、生物兵器の実戦的使用を行っていたとされている。
731部隊 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・歴史を創作すんなよ

・これが全部嘘だったりするからなぁ

・職員で当事者だったのにそんなこと言う訳??

・めっちゃ嬉しそうに語ってる件

・ソースが朝日新聞でしょ。信じるやついるの?

・漫画のネタだね

・標本は普通にあってもいいだろ何言ってんだ

・証拠残ってないからいくらでも創作出来る。話半分でしか聞けんよ

・さすがにこれは嘘クセーと思ったら朝日だった

コメント http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502809161/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!