【大阪】夫は強制送還 “不法在留ペルー人”妻子が特別許可求めて提訴へ…「ペルーは治安が悪い。日本で安心して暮らしたい」


ペルー人妻子 在留許可求め提訴へ 夫は強制送還 大阪

大阪入国管理局から国外退去を迫られているペルー人の親子3人が15日、国に在留特別許可を求める訴えを大阪地裁に起こす。

日本で生まれ育った子供2人は中学生と高校生で「今ペルーに行っても生活できない。子供の利益を最優先に考え、在留を認めてほしい」と人道的な判断を求めている。

母モレノ・ネリさん(51)、高校1年の長女(15)、中学2年の長男(14)の3人で、大阪府内で暮らす。

訴状などによると、ネリさんは1994年に他人名義の偽造パスポートで入国し、先に不法入国していたペルー人の夫(60)と同居。その後、子供2人が生まれた。

夫は2011年に入管難民法違反容疑で逮捕され、12年に大阪入管が4人に強制退去処分を出した。

一家は処分の取り消しを求めて提訴したが、15年に最高裁で敗訴が確定。夫は昨年、ペルーに強制送還された。

大阪入管は残る3人にも国外退去を迫り、今年7月から毎週、出頭を命じている。長女は「(ペルーの公用語の)スペイン語も少ししか分からず、向こうに行ったら未来はない」と不安を漏らす。

長男も「ペルーは治安が悪いと聞いている。日本で安心して暮らしたい」と訴える。


https://mainichi.jp/articles/20170814/k00/00m/040/110000c

ペルー共和国


ペルー共和国(ペルーきょうわこく、スペイン語: República del Perú、ケチュア語族: Piruw Republika、アイマラ語: Piruw Suyu)、通称ペルーは、南アメリカ西部に位置する共和制国家である。北にコロンビア、北西にエクアドル、東にブラジル、南東にボリビア、南にチリと国境を接し、西は太平洋に面する。首都はリマ。 紀元前から多くの古代文明が栄えており、16世紀までは当時の世界で最大級の帝国だったインカ帝国の中心地だった。
首都: リマ
ペルー共和国 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・絶対に認めてはいけないケース

・夫が可哀想だろ。一緒に帰国してやれよ。

・大丈夫だよ、ペルーは良い国だから戻っても生活できるよ

・日本は出生地主義の国ではありません。速やかにお帰りください

・不法入国のくせに甘えるな

・法に沿ってサクサクやれ、特例なんか作るな

・若いんだからペルーの言葉くらいさっさと覚えて母国で暮らせばいいのに

・ひっでえ経歴だな。なんで15年も放置してたんだよ

私は生まれも育ちも日本のペルー人です。
日本の文化を愛し、日本の制服に身を包み、
日本の学校に通い、友人も皆、日本人です。
ある日、私の両親が不法入国したことが発覚しました。
ペルーには友人もおらず、ペルーのことは何一つ分かりません。
それでも、帰れと?

・四行目で帰る理由十分じゃんw 最後は何もしてこなかった親の責任じゃんw

・不法滞在という犯罪者だろ。犯罪やったもん勝ちの法治国家・日本にはしたくない

コメント http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502772667/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!