「靖国反対、戦争反対、安倍はやめろ」 2017ヤスクニキャンドル行動 「何があっても対話で問題解決!」


「戦争の危機、何があっても対話で問題解決を!」~2017ヤスクニキャンドル行動

8月12日、第12回「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」が東京・YMCAホールで開催された。

今回のテーマは「東アジアの視点から『明治維新150年』とヤスクニを問い直す」だったが、緊迫した国際情勢の中、戦争をめぐる発言が目立った。

東大教授の高橋哲哉氏は「戦争の危機が高まっている。戦端が開けば韓国・北朝鮮に甚大な被害が起きる。

安倍はいち早くアメリカに賛同・追随し、米B1爆撃機と空自で共同演習をしているが、これは憲法が禁じる“武力による威嚇”そのものだ。

座視するわけにはいかない。戦端を開くことに断固反対の声を上げよう」と呼びかけた。

キャンドル行動共同代表のソスンさんもデモ終了集会で「問題の根底には、日本のアジア侵略戦争とヤスクニ神社につながる歴史が存在している。当面の戦争に反対し何があっても対話で問題解決することを、各方面に全力で訴える必要がある」と強く訴えた。

キャンドル行動の集会は午後1時半から始まり、最初に原武史・南相九・高橋哲哉の三氏によるシンポジウム「東アジアの視点から『明治維新150年』とヤスクニを問い直す」が行われた。

来年2018年は明治維新150年で天皇の代替わりとも重なってくる。そして安倍がめざす2020年の憲法改正。

天皇問題をからめて危険な動きが一気にやってくる。シンポジウムでは、さまざまな角度から問題点が提出された。

その後集会は、靖国合祀とたたかう遺族のアピール、寿・ソンビョンフィ・イジョンヨルのコンサートと続いた。

参加者は約300人。コンサートでは、素晴らしい歌声に手拍子がとんだ。

午後7時からは恒例のキャンドルデモ。

右翼の妨害行為があったが、機動隊の厳重な警備の中、「靖国反対、戦争反対、安倍はやめろ」と元気にコールを上げて靖国神社近くの公園までデモ行進を行った。(M)


http://www.labornetjp.org/news/2017/0812yasukuni

靖國神社 プロフィール


靖國神社(靖国神社、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区九段北にある神社である。
靖国神社の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)に創建された。後に、1853年(嘉永6年)のアメリカ東インド艦隊の司令官ペリー来航以降の、国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀るようになる。1877年(明治10年)の西南戦争後は、日本を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための、施設及びシンボルとなっている。
靖國神社 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・外国人の政治活動は違法

・韓国軍も米軍と軍事演習しとるのにw

・公安はしっかり録画しとけよ

・なんで北朝鮮でデモやらないんだよ

・日本でやってどうすんだ。北に行って堂々と戦争反対ってやれよ

・たった300人w

・もはや人を集める事すら出来なくなったかw

・さっそく組織犯罪防止条約適用できるんじゃね?

・日本の問題じゃねえw 自分の国でやれw

コメント http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1502611931/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!