Share News Japan

最新のニュース

Amazonで香山リカ氏の書籍、低評価レビューが続々消される… → ネットの反応「レビューの意味無さすぎ」「★5の評価も面白いw」

Amazonで香山リカ氏の書籍、低評価レビューが続々消される… → ネットの反応「レビューの意味無さすぎ」「★5の評価も面白いw」

【Amazon】香山リカ氏の本、低評価レビューが消える…

■言論の自由を侵害されました。
宮田2017年8月10日
オレは2日前に香山リカさんの、この本を10ページほど読みましたが、書いている内容が相変わらず独りよがりでした。そしてそれを踏まえて、50歳の男は劣化しているだの、今の若者は嫌いだの、そして橋下徹さんや勝間和也さんにしがみついて、批判ばかりしていることなど、この10年の香山リカさんの行動に対しての批判をしました。

そしてその批判のレビューは500以上の「役に立った」というボタンを押していただきました。しかし翌日になんとそのレビューは消されました。誰がしたのかは分かりませんが、人の批判をしてそれを消されるとは、非常にビックリしました。これは言論封殺かもしれませんね。思えば前に小林よしのりさんが、香山リカさんを「左の在特会」と言いましたが、それよりも怖い存在かもしれませんね。

■あれ、レビュー消されたよ
あまと?る 2017年8月10日
タイトルを変えてたくさん出版されてますが、どれも本質は同じ。
著者自身に反省がないのに、他人に劣化したと言い反省を求める姿勢はどうかと思いますが。
自分の都合のいい「いじめ」や「差別」は容認しているのも同意しかねます。

■排除弾圧の活動家
Amazonのお客様 2017年8月11日
レビュー消されました。ですので、また書き込みます♪

消された前レビューは
「香山リカ本人が行ういじめや差別は正しくて、他人が行ういじめや差別は正しくないという二重規準の本。それでは、問題の解決にはならない。著者は、嘘吐きは精神科医の始まりの語源の人」
です♪

人の話を全く聞かず、理解をしようとせず、ただ排除弾圧の行動のみに奔る。
それで、精神科医が務まるのでしょうか??患者さんが、蹂躙されてないかとても心配です。

■書こうと思えば誰にでも書ける内容。
投稿者ああか 2017年8月11日
誰もがどこかで耳にしたことのある言葉をミキサーでかき混ぜて薄く伸ばしたもの。それがこの本。
はっきり言って、こんなものを読んだところでいじめも差別もなくなるわけがない。そもそも、この著者がそんなことを思うはずがない。

あまり本の内容や著者について批判をすると、ここのレビューを検閲している著者自身や反日思想をもっている取り巻きなどコメントを消されてしまうみたいなので、この辺で止めておきます。


https://www.amazon.co.jp/dp/4480689885

香山 リカ プロフィール


香山 リカは、日本の精神科医、臨床心理士、評論家、リベラル活動家、ピースボート水先案内人。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。 「香山リカ」はペンネーム。本名非公開。黒縁眼鏡がトレード・マーク。ミュージシャンの中塚圭骸は実弟である。
生年月日: 1960年7月1日 (57歳)
生まれ: 北海道 札幌市
配偶者: 斎藤文彦
香山 リカ – Wikipedia



▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・都合の悪いレビュー消せるとか何の意味もなくね

・高評価以外許さんとかどこの独裁者やねん。

・気に入らない、という理由で消せるんかね

・消せるとかレビューの意味無さすぎだろ。高評価だけ置いとくとか詐欺もいいもんだ

・この人のお蔭で精神科医そのものが胡散臭く思えてきた

・逆のことされたら烈火の如く怒り狂うだろこの女はwww

・★5の評価も面白いw


5つ星のうち5.0今年一番のギャグコラム!

投稿者Malala2017年8月10日
著者はネットを通じて患者を診察できるスーパー精神科医の金梨花先生です。先生が書くギャグ線の高いコラムはいつも抱腹絶倒です!

5つ星のうち5.0星5つです!
投稿者よしだ2017年8月9日
本人が星1に不満そうだったので星5にしてあげました
内容は他のレビュー参考にしてください

5つ星のうち5.0とても楽しみです。
投稿者あの人2017年8月11日
注文してませんが、早く届くのを楽しみにしています。
忙しいのでさらっと読める薄っぺらい内容だとありがたいです。

・煽ってやがるw

・ここまでして自分に都合の悪い現実から目を背けるってなんかの病気なんじゃないか

コメント http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502516946/

アンケート(ランダム)&結果を見る


おすすめの関連記事

Return Top