韓国人「日本は植民地時代に韓国人にそばをたくさん食べさせた。なぜか分かるかい」答えはなんと…


「日本は植民地時代に韓国人にそばをたくさん食べさせた。」

「日本は植民地時代に韓国人にそばをたくさん食べさせた。なぜか分かるかい」韓国人の友人の父親からこんな質問を受けた。

答えはなんと「そばの毒で殺そうとしたから」らしい。

そして、「でも韓国人は死ななかった。大根を一緒に食べれば毒を中和できることを知っていたからだ」と続けた。

「そんな馬鹿な」と思いつつ、調べてみると江戸時代の書物「諸芸小鏡」に「麺類を食して毒にあたらば、大根を食らうべし。

毒消ゆるなり」とあることが分かった。ただ、この「毒」は消化不良の意味で、死に至るような話ではないと注釈が付いていた。

植民地時代には日本の風習が多く朝鮮半島にも伝わった。しかし、日本による桜の植樹も「民族の精気を奪うため」と曲解されている。「そばに大根」の風習もどこかで韓国に伝わったのかもしれないが、さすがに歪みすぎではないか。(岳)


https://www.nna.jp/news/show/1640367

蕎麦(そば)


蕎麦とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理である。今日、単に「蕎麦」と呼ぶ場合、通常は蕎麦切りを指す。中華そばなどと区別して日本蕎麦とも呼ばれる。 歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。
蕎麦 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・痩せた土地でも育つから。

>痩せた土地でも育つから。
それだろうね

・日本人の優しさを感じた

・そして、そば人気が高まるとそばの起源を主張する

・被害者ビジネス

・70年も前のこと言われてもね

コメント http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1502019090/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!