民進党・枝野幸男「数の力で押し切るのは立憲主義と民主主義を無視した姿勢であり、安倍政権のもとで自由と民主主義、立憲主義の破壊が進んでいる」


民進 枝野氏 幅広い意見を見極め憲法議論を

民進党の憲法調査会長を務める枝野元官房長官は、党員などを対象にさいたま市で開いた憲法の対話集会で「民進党が憲法議論に及び腰というのは誤解だ」としたうえで、幅広い国民の意見を慎重に見極めながら党内での議論を進める考えを示しました。

民進党の枝野元官房長官は、安全保障関連法や「テロ等準備罪」を新設する法律が野党が反対するなかで強行採決されたなどとして「数の力で押し切るのは立憲主義と民主主義を無視した姿勢であり、安倍政権のもとで自由と民主主義、立憲主義の破壊が進んでいる」と指摘しました。

そのうえで「民進党が憲法議論に及び腰というのは誤解だ。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の基本精神を具現化するうえで、必要な改定があれば積極的に提言していく。幅広い国民合意ができ得るのか否かを慎重に見極めながら、議論を進めていく」と述べました。

出席者からは、「自民党の憲法改正草案に危機感を持っている」「LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちの権利などにも取り組んでほしい」といった意見が出されました。

民進党は、党員などを対象とした憲法の対話集会を、全国11の衆議院の比例代表ブロックごとに開く予定で、集会で出された意見も踏まえ、今後、党内での議論を進めることにしています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170805/k10011089041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009

枝野 幸男 プロフィール


枝野 幸男(えだの ゆきお、1964年5月31日 – )は、日本の政治家、弁護士。民進党所属の衆議院議員、民進党憲法調査会長。 民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長などを歴任した。
生年月日: 1964年5月31日 (53歳)
生まれ: 栃木県 宇都宮市
枝野 幸男 – Wikipedia

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・選挙を完全否定w

・もう選挙のない国に亡命しろよ

・また屁理屈で誤魔化す

・多数決否定してどうやって民主主義を実現するんだろうか?

・本当に頭が悪いんだな。

・選挙で勝ったほうが決めなくて誰が決めるの?

・民進党その他野党が無能でその結果だろこれ

コメント http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501937853/


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!