【投稿実話】危篤になった父の病院に向かう途中、夫がコンビニへ。夫「預金を下ろせるだけ下ろせ!」私「は?早く車出して!

同市内で一人暮らししてる実父が足を悪くしてから父の普通預金の通帳とキャッシュカードを私が預かっていた。

それで振込みとか代わりにやって、生活費なんかも私が引き出して父に渡してた。

週1で頼まれたものを買い物して持っていったり。

今は家の中のことなら自分でなんとかできるし、できるだけやりたいと言ってた。

家族は私しかいないから、遠慮しなくていいのにそれだけのことを娘がするのも気を遣うような父だった。

自分で自分の身の周りのことも出来なくなったら介護型老人ホームに行くって言ってたけど足が悪い以外は健康な人だったから、それはまだまだ先のことだと思ってた。

スポンサーリンク

なのに昨年、突然近所のおばちゃんから電話があって父が庭で倒れてて、救急車で運ばれたって。

その後意識が戻らないまま一週間ほど続き、月曜日の朝で、旦那も私も出勤前、娘も登校前という早朝に病院から危篤との知らせ。

急いで病院に駆け付ける途中、旦那がコンビニに車を入れた。

そして「お義父さんの金、おろせるだけおろせ」と言った。

「今はそんな場合じゃない!早く車を出して!」と言ったら…








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事