TAXIに手を上げて~、ジョージの店ま~でと~♪
と、鈴木聖美(鈴木雅之の姉)がハスキーボイスで歌い上げる。そう、今日の話は酒場とは切っても切れない移動手段……。

タクシーの話。

もし、TAXIに手を上げて、そのドライバーが絶世の美女だったら……そんな可能性は限りなくゼロに近い。しかし、本日ご紹介する生田佳那さんであれば、そんな奇跡の乗車を叶えてくれる。
35dbf_1349_fe15de2e36fcd5be8e95e5d29dc8dc61
ポジティブでグルメな人がタイプです
生田佳那/タクシードライバー、タレント、女優
生田佳那さんは、正真正銘のタクシードライバーだ。週2程度、朝から夜まで恵比寿、中目黒近辺で乗車をしている。どう見ても若い。そして、可愛い。なぜ、この子はドライバーをしているのか? 乗客がその現実を理解できず、車内が??という空気に包まれることも多いという。一体全体、どういうこと?

「本業はモデルやグラビアのお仕事をやっています。でも、まだそれだけでは食べていけないので、副業としてタクシーに乗っているんです」

どおりで可愛いわけだ。事情は十分理解できる。しかし、あれですよ。なんで、タクシードライバーなんですか?

「シフトの融通が効きやすいんです。あと、私運転が大好きで。でも、自分じゃ車買えないじゃないですか。なので、スキマの時間をぬって仕事が出来て、大好きな運転もできる。タクシードライバーのお仕事は、まさに一石二鳥なんです!」
eba03_1349_c53fa707ed391c39c6c034c407e05e15
生田さんは、飛鳥交通ドリームプロジェクトの「夢を追いかけるにはお金がいる若者を応援します!」という募集広告を見て応募を決めたそう。その後、必死に勉強を行い、合格率20%という普通自動車第二種運転免許に一発で合格。その後も地道に勉強を続け、2014年見事ドライバーデビューを果たした。

「私、長野の安曇野の生まれで、ひとりに車一台! みたいな環境だったので、小さい頃からずっと運転することに憧れていて。また、身体が小柄なんで、こんな私でも(物質的に)大きなものが動かせるんだ!って思えると、興奮するんです」
e055b_1349_8438e6ace6a099d4c502327e2dc9fcf8
生田さんはどんな人がタイプ?
3bf2c_1349_da7217cdc1db09dc47cfd4e5ce3f6091
取材が行われたのは飛鳥交通の営業所。取材班が到着すると、年上のおじさまドライバーたちと談笑している生田さんが見えた。まるで、父と子の団らんのようだ。

「やっぱり男性主体の世界なので、最初は緊張しました。でも、他のドライバーの方々もスゴい、いい方ばかりで。聞けば教えてくれるし、皆やさしくて楽しい先輩です」

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事