携帯電話料金、大幅な引き下げ余地ある=菅官房長官

▼記事によると…

・総務省が同日に発表した東京やニューヨーク、その他の国際的主要都市との比較調査で、東京における携帯電話の通信料金が割高との結果が出たことに関連し、菅官房長官は国内の現状について「依然として(料金は)高い水準であり、通信大手は20%の利益率を確保している」と指摘。

その上で「大幅な引き下げ余地がある」と述べた。

2020年6月30日 / 17:30
https://jp.reuters.com/article/suga-daily-presser-idJPKBN241127

菅義偉 プロフィール


菅 義偉は、日本の政治家。 自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。
生年月日:1948年12月6日 (年齢 71歳)
菅義偉 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

それよか消費税下げなはれ

先ず!消費税から。その後はガス、電気、水道、でしょ。

携帯代高すぎる!早く下げて!おねがい!

どうでもいいから、税金も携帯代も下げてくれ。

テレビ局の電波オークションで一発ですね。キー局から電波取り上げてもネット配信にすれば問題ないですねw

携帯なんて安いとこに変えれば解決せる。客が減れば値段下げるでしょ。菅さんの貴重な時間とエネルギーをそんなことのために浪費しないで欲しいわ。

これ何度目よ?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認