「韓国は手続き止めて対話を」 WTO提訴で梶山経産相

▼記事によると…

・梶山弘志経済産業相は30日の記者会見で、日本政府による半導体材料などの輸出管理厳格化をめぐり、韓国が世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを再開したことについて、「韓国政府に対し、WTO(提訴)手続きを止めて対話のテーブルに戻ることを強く求めたい」と述べた。

・日本が輸出管理厳格化に踏み切ると発表してから、7月1日で1年を迎える。梶山氏は輸出管理の厳格化について、「WTO協定に整合的であり、サプライチェーン(部品などの供給網)に影響を及ぼすようなものではない。引き続き粛々と対応する」と適正さを強調した。

2020.6.30 12:15
https://www.sankei.com/economy/news/200630/ecn2006300031-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

梶山弘志 プロフィール


梶山 弘志は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、経済産業大臣 、自由民主党茨城県連会長。 内閣府特命担当大臣、国土交通副大臣、国土交通大臣政務官、衆議院国土交通委員長・災害対策特別委員長、自由民主党経理局長等を務めた。 父は自民党幹事長や内閣官房長官、法務大臣等を務めた元衆議院議員の梶山静六。
生年月日:1955年10月18日 (年齢 64歳)
梶山弘志 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

別に手続き続けさせればよくね。

めんどくせえクレーマーよりお得意様の方が大事な場合もある

提訴したら貿易しませんとか、国交断絶くらい言って欲しい!別に日本悪くないんやし。

永遠に舐められる日本(笑)。そりゃ、制裁すらしないんだもの。

対話になると本気で思っているなら、国政に関わらないほうがいいのでは?

対話もいいけど、ちゃんと話が通じる人を要求した方がいいよ。

世耕さんみたいにハッキリ発信してくれないと困るよ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事