国家公務員に夏のボーナス 平均支給額は8年連続の増加

▼記事によると…

・内閣人事局によりますと、国家公務員のことしの夏のボーナスは、管理職を除く平均支給額が、およそ68万100円で、去年と比べておよそ1000円、率にして0.1%ほど増えた。

・平均支給額は、8年連続の増加となり、平成15年にボーナスの支給が年2回になってから、最も高い額となった。

2020年6月30日 11時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012488781000.html

賞与


賞与とは、定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のことで、ボーナス やお給金とも呼ばれる。欧米ではいわゆる特別配当・報奨金の類である。 日本では、基本的には夏と冬の年2回支給される場合が多いが、企業によっては年1回や年3回といったところもある。また、もともと制度として導入していない場合もある。
賞与 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

頑張ってるもんね!

いまだに10万円の給付金が公務員に行く理由が解りません?

いい感じやん。国家公務員のみならず地方公務員もこの調子でボーナス増えていったらいいんやけど。

公務員にボーナスのニュースやめて。このニュース、だれ得なのかわからん

このコロナ禍でとか言ってる人居るけどコロナ禍で1番大変なのは公務員の方々。民間はそれが分からないんであろう環境

別にいいじゃん。目くじら立てることない

このご時世に増えるなんてうらやましい限りです

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事