中国へウイルス起源調査チームを派遣 WHO事務局長表明

▼記事によると…

・世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は29日、ジュネーブでの記者会見で、新型コロナウイルスの起源などを検証するための調査チームを来週、中国に派遣すると表明した。起源を解明することで、治療薬の開発や感染防止対策などに役立てる狙いという。

テドロス氏は会見で「ウイルスがどのように始まったのかを理解することができれば、(新型コロナに)どう備えればよいか知ることができる」との見方を示した。

2020.6.30 07:34
https://www.sankei.com/world/news/200630/wor2006300006-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

テドロス・アダノム


テドロス・アダノム・ゲブレイェソスは、エチオピアの活動家、マラリア研究者。学位はPh.D.。世界保健機関事務局長。ゲブレイェソスはゲブレイェススと表記されることもある。 保健大臣、世界エイズ・結核・マラリア対策基金理事長、外務大臣などを歴任した。
生年月日:1965年3月3日 (年齢 55歳)
テドロス・アダノム - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

結論ありきの調査

中国に忖度した調査団ではいみがないのでは?

これほど調査結果に期待が持てない調査も珍しいw

これで中国は起源じゃないって発表するんじゃないの?

このまともな意見を聞くまでに5ヶ月以上の長い時間と50万人の命の犠牲が必要だったとは。

向こうがどれだけの情報を開示するかは、未知の世界

格好だけに終わらないことを祈ります

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認