日本の「敵基地攻撃能力」議論に中国政府が牽制

▼記事によると…

・「イージスアショア」の計画停止を受けて、日本政府内では敵基地攻撃能力を保有すべきとの考えが浮上。

・これについて中国外務省は「一部の日本人が外部の脅威を誇張し、安全保障政策の限界を破ろうとたくらんでいる」と批判。

・さらに、「日本の軍事動向は常に国際社会やアジアの近隣国の関心事だ」と牽制し、日本独自の防衛構想である専守防衛について「歴史の教訓を真面目にくみ取り、専守防衛の約束を真剣に履行するよう促す」なとど注文を付けました。

2020/06/25 13:10
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000186994.html

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
大統領:習近平
中華人民共和国 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

どの口が言えるんだろうか。

協定でなんかそんな約束してたのかね?

軍隊持ってるくせに、他国の軍事に口出すなよ

毎日尖閣で挑発しておいてこの物言いだもんな

自分達は保持しても日本は駄目なのか?それこそお得意の内政干渉ではないのか?

内政干渉すんなってよく言う人達いるよね

相手が相手だからな。攻撃能力はあったほうがいい。いざというときにために

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認