Share News Japan

ビートたけしが「ママ」と慕った恩人 「男だったら全国制覇してた」

ビートたけしが「ママ」と慕った恩人 「男だったら全国制覇してた」

たけし 「ママ」と慕う恩人との別れに寂しさ…一代記映画化計画も明かす

 4月28日に胃がんのため亡くなった、名門ストリップ劇場「浅草ロック座」の名誉会長、斎藤智恵子さん(享年90)の通夜が1日、都内でしめやかに営まれ、「ママ」と慕っていたタレントのビートたけし(70)ら約400人が参列した。

たけしは斎藤さんの一代記を映画化する計画があったと告白。「台本を書き直せばできると思うんだけど」と話した。主演には女優の岸本加世子(56)をイメージしていたことも明かした。

ストリッパーから経営者となり、70年代からロック座を支えてきた斎藤さん。目と鼻の先にあるフランス座で下積み修行していたたけしは斎藤さんに憧れ、20年ほど前にTBSで初対面してから親交を深めた。

晩年は定食屋を営み、タダ同然で食事を振る舞っていたという人情の人。刀傷があるなど“伝説”も多く、たけしは「女でよかった。男だったら全国制覇してるか殺されてるかって気性の人だった。裸一貫ですごい人」とやさしくほほ笑んだ。

監督、主演した映画「座頭市」は、勝新太郎さんと親しかった斎藤さんの企画。昨年3月に浅草公会堂でのライブで顔を合わせたのが最後になり、たけしは「100歳まで生きると思ってたから」と寂しさをにじませた。
http://news.livedoor.com/article/detail/13009960/

アンケート(ランダム)&結果を見る


おすすめの関連記事

Return Top