中国「米国に批判の資格なし」

▼記事によると…

・中国外務省の華春瑩(報道官は11日、中国政府による宗教弾圧を批判した米国務省の報告書について、「中国内政への重大な干渉だ」として「断固とした反対」を表明。

・白人警官による黒人男性暴行死事件をきっかけに米国で抗議活動が拡大している問題に触れ、「中国をあれこれ批判する資格があるのか」と反発。

2020.6.11 21:31
https://www.sankei.com/world/news/200611/wor2006110026-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

華春瑩 プロフィール


華 春瑩は、中華人民共和国江蘇省出身の外交官、報道官。
生年月日:1970年4月 (年齢 50歳)
華春瑩 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

真実を語らない口から出る批判が心に届くことはない。

どの口が言ってるんだ!!日本の「靖國参拝」批判は内政干渉だろが!!

ちょっと苦しいな。少なくともアメリカは暴動を起こした奴を強制収容所に入れない。

人類史上最悪の宗教弾圧を行っているのは断トツでアメリカ

いい機会だ、靖国参拝しましょうよ。内政干渉しないんだから。

物理的に尖閣諸島に干渉してきている、おまいう!!

中国に面と向かって批判できるのがトランプくらいしかいないのが世界の憂鬱

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事