「中止の議論全くない」東京五輪 大会組織委 森会長

▼記事によると…

・組織委員会の森会長は記者会見で「大会の中止の可能性は話し合われているか」との質問に対し、「中止の議論は全くない。仮定のシナリオについて臆測で議論することは正しいことではない」と述べた。

・中止は想定せず、新型コロナウイルス感染症の状況を注視しながら安全・安心な大会に向けて準備を進めていく考えを強調。

・安倍総理大臣が完全な形での開催を目指す考えを示していることについて

森会長
「常識的に考えて、できるだけ多くの国が参加することが完全な形ではないか」

「コロナの状況とか、ワクチンや新薬ができていなければどうだとか、そうしたことをすべてまとめて完全な形だとは安倍総理大臣は考えていないと思うし、私もそう受け止めている」

2020年6月11日 4時07分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200611/k10012466131000.html

森喜朗 プロフィール


森 喜朗とは、日本の男性政治家。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。 衆議院議員、文部大臣、通商産業大臣、建設大臣、内閣総理大臣、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総務会長、自由民主党総裁などを歴任した。
生年月日:1937年7月14日 (年齢 82歳)
森喜朗 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

衛生意識の高い日本だからこそ出来る。

日本が一次収束してたとしても他国が2波、3波きてたら選手呼べないだろ?

ワクチン投与できないのに東京オリンピック開催は絶対にできません。

そりゃそうだ。IOCに中止って言われたら問答無用なんだから、議論すらさせてもらえない。

政府はオリンピックやる気満々なのがわかります。みんなもどうすれば開催できるか前向きに考えたほうが楽しいですよ。

それを考えるのはIOCなんだから日本は考えないんでしょう

いろいろなパターンを考えておくのが仕事

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事