前川喜平さんのツイート

3ヶ月に及ぶ休校という事態はなぜ起きたのか?

一斉休校は誰が始めたのか?

なぜ学校を再開できなかったのか?

児童生徒の生命の危険は本当にあったのか?

感染拡大防止の効果は本当にあったのか?

長期の休校によって失われたものがどれだけあるか?

これらを検証しなければ、また愚行を繰り返すだろう。

前川喜平 プロフィール


前川 喜平は、日本の元・文部科学官僚。 元・文部科学省大臣官房総括審議官、大臣官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官、文部科学事務次官。
生年月日:1955年1月13日 (年齢 65歳)
前川喜平 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

インフルエンザの流行を観察するだに、「学校」の持つ閉鎖的で密集した環境は、生命にとって危険だなあと感じていました。また、新型ウイルスですから、あの時点では誰も正確な予想が出来る人がいなかったのでは。僕は間違っていなかったと思っています。もちろん、詳細な検証は必要だと思います。

コロナ(武漢ウィルス)に聞け!

東京では貴方の大好きな『夜の街』でクラスター起こってますが…。

未知のウイルスに対して万全の対策を取ったわけですマエカワさん。あの時ああしとけばよかったなどと後悔しない様にね。空振りは許されても見逃しは許されない。それに…あなたが愚行を語るとは笑えますwww

ほぼ全員が無症状でしたけどね。で、ここから感染が広まりました?そういう報道は聞いておりませんが?無症状でかつ感染が広まらないのならワクチンを打ったのと同じですよ。

全く不要だったという根拠がゼロなのですが。

こういう人って、一斉休校してなくてクラスターが発生したときは、なんで一斉休校しなかったんだ!って言うんだよ。どっちに転んでも文句言いたいだけ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事